海運・造船業界の ビジネスモデルから考えられる持続性のある経営の在り方高尾和俊氏【経営セミナー-2.19-】

takaokazutoshi3 船舶業界の世界的な低迷が続く中、日本の内航海運業界または造船業界は今後どのようなビジネスモデルを展開していかなければならないか。船舶業界のみならず、日本企業が計画的な事業継続を行うために必要なエッセンスは何かを、リスクマネジメントの観点から応用的にお話いただきます。

是非とも奮ってのご参加をお待ちしております。

〇日 時 平成25年2月19日(火) 13:30~15:00

〇会 場  因島商工会議所  3階 ホール

〇受講料  会員:無料 非会員:1,000円

〇主 催  因島商工会議所

〇講 師 高尾 和俊 
株式会社インターリスク総研 主席コンサルタント

【プロフィィール】
1989年大正海上火災株式会社入社。主にマリン部門を担当し、1996年にはイギリス・北欧にてSafety Structureと法務実務を経験。帰国後、2000年より本店にて事業戦略策定、安全マネジメントや品質管理のアドバイス業務を経て、2004年から株式会社インターリスク総研へ。運輸・海運の安全管理のみならず、医療安全、安全文化強化、組織・業務活性化、リスクコミュニケーションなどを担当。
【講演実績】
「ダイバーシティマネジメントセミナー」シンガポール日本人会
「モチベーションと組織力向上」自動車販売会社など

〇申 込
下記のいずれかの方法でお申込みください。

◇当所ホームページメールフォーム(http://cci.in-no-shima.jp/seminar.html)から

◇電話でのお申込み。☎ 0845-22-2211

◇下記参加申込書に必要事項を記入の上、FAXにてお申込み。FAX 0845-22-6033

◆申込用紙はこちらのPDFファイルをご利用ください。

takao

◎主催・お問合せ・申込み先
因島商工会議所  TEL 0845-22-2211☆ FAX 0845-22-6033

広告

海運・造船業界の ビジネスモデルから考えられる持続性のある経営の在り方高尾和俊氏【経営セミナー-2.19-】」への1件のフィードバック

  1. ピンバック: Eメールサービス2月号を配信しました。 | 因島商工会議所

コメントは受け付けていません。