群馬から修学旅行に来た工業高校生徒40名を社長自ら案内【石田造船㈱】

東日本大震災で被災した宮城県漁協から漁船11隻を受注し、復興支援として約2割安く建造した因島三庄町の石田造船は、NHK連続テレビ小説「てっぱん」のロケ地になったことでも知られています。

個人・団体を問わず造船所見学を受入れていて、昨日は、遥々群馬から修学旅行に来た工業高校の生徒達40名に、社長自らの案内で、夢のある「ものづくり」を伝えていました。

所報INNOSHIMA12月号で特集します。お楽しみに(#^.^#)

PB136861

広告