26ポイント回復【因島業界動向H26年1~3月】

当所では、地域商工業者の景況並びに経済動向等の情報収集・分析を行っています。
平成26年1~3月期の調査がまとまりました。

【総括的概況】
全業種DIは、▲19と前回12月調査と比較すると26ポイント回復し、比較的明るい結果を示した。造船業界は新造船の受注量が増え、機械金属関連は大幅に景況が上昇した。非製造業のうち卸売、小売業は、消費税増税前の駆け込み需要があって、景況はやや上昇した。しかしながら、先行きでの景況は下降するするという見方が強く、回復傾向になるのはまだ先のようである。今期は51件から回答があり、回答の構成は製造業が35%、建設業が12%、卸売業が16%、小売業が17%、サービス業が20%であった。

業界動向26.1~3

▶▶▶詳しくは、こちらをご覧ください。

※ダウンロード用(word)ファイルもご用意しています。
※携帯・iPhoneでもご覧いただけます。
QR_Code←こちらのQRコードをiPhoneで読み込んで頂くと便利です。

■詳細→http://cci.in-no-shima.jp/keieishien/chousa/chousa261_3.html

広告