平成26年度補正予算小売事業者等・ふるさと名物開発等支援事業、他(中国経済産業局-3/16-)

■□  中国経済産業局メールマガジン  □■
『METI CHUGOKU TIMES』 No.717/2015.3.16

いつも中国経済産業局メールマガジンを愛読いただきありがとうございます。
中国地域における経済産業省施策を中心に、各種イベント、補助金の公募、説明会などの最新情報を、いち早くお届けします。

広く情報を発信したいと願っていますので、お知り合いの方々にぜひご案内ください。
chugoku-mail@meti.go.jp

■やわらか成長戦略。
~首相官邸HP「成長戦略」特集~
http://www.kantei.go.jp/jp/headline/seichosenryaku/

▼公募
【01】平成26年度補正予算小売事業者等・ふるさと名物開発等支援事業
http://furusato-hojo.jp/

【02】平成26年度補正予算新事業展開実現可能性調査
http://www.chugoku.meti.go.jp/koubo/jisedai/150306_1.html

【03】地域工場・中小企業等の省エネルギー設備導入補助金(A、B類型)
http://sii.or.jp/

【04】地域工場・中小企業等の省エネルギー設備導入補助金(PF事業)
http://www.enecho.meti.go.jp/appli/public_offer/1503/150310a/

【05】ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス支援事業(ZEH)
https://sii.or.jp/

【06】ネット・ゼロ・エネルギー・ビル実証事業(ZEB)
https://sii.or.jp/

▼関係団体等からの情報提供
□01 第3回マッチングフォーラム
微粒子ハンドリング技術で実現する成分分離から材料合成まで
http://www.hiwave.or.jp/wp-content/uploads/2015/03/270327_fukui.pdf

□02 新事業創出チャレンジ企業支援事業助成金
http://www.hiwave.or.jp/purpose1/subsidy/challenge/

□03 九州の食キーパーソン講演会
http://www.kyushu.meti.go.jp/press/1502/150210_1.html

□04 島根県ヘルスケアビジネス創出セミナー
http://www.pref.shimane.lg.jp/industry/syoko/sangyo/chiiki/healthcare/


▼チャレンジ応援団メール
■地域資源の話
応援団員【産業部長 西本 光徳】

お酒をネタにして地域資源の話を。

酒都広島に転勤したのでと地元のお酒を試したところ嵌ってしまい、それほど強くないのに機会があれば管内の様々なお酒を試しています。日本酒の品揃えの豊富さや燗酒にこだわりの所など、店の特徴も色々あり、新鮮な食材と一緒に堪能しています。新しい美味しいお酒に巡りあうと大変うれしいものです。

当局でも、お酒関連の新しい取組みとして、肉に合わせることを意識した酸味のある日本酒、ハイボールなどカクテル用を意識した日本酒、甘味料を使わないため麹の自然の上品な甘さを生かした甘酒などの開発等支援、酒米にこだわった日本酒と酒器を組み合わせた海外展開支援など、特に販売促進にも力を入れて実施しています。地域資源は、商品品質向上や商品の認知も大切ですが、お酒のように客観的情報では伝えられない好み・感覚に依存する商品では、如何に売るかという販売面での工夫が必要な場合も多いようです。朝の連続TV小説「マッサン」の「煙臭い本格ウィスキーが最初受け入れられなかった」状況と同様に、商品の良さを計る消費者の“ものさし”自体を変える工夫です。例えば、最近はすっきり辛口系の日本酒が好まれますが、西日本に多い甘口のお酒には味わい深さがあるお酒が沢山あります。濃い味付けの後味をさっぱりと洗い流すためにはすっきり辛口系のお酒が好まれますが、甘口のお酒は和食など薄味甘めの料理との相性がよいと言われます。商品に合った飲み方や食べ物などを情報提供し試飲の際も一緒に出すなど、他より美味しいという状態を経験してもらうような取組みをしている企業もあります。

また、美味しかった物を薦めた際に、地元の同僚も意外と知らず後日の確認で同意を得たことが時々あります。フォロワーの多いブロガーのつぶやき程の効果は無いにしても、口コミは地元の良品を流通させる契機の一つといえます。以前、チリ駐在員が、アルゼンチンには美味しいワインが多いが「美味しいものは自分達で楽しむ」ためあまり輸出されていないので、アルゼンチンまで買出しに行くと言っていました。このように、地域限定として認知され、他の地域資源等と合わせて人を呼ぶものとなれば、生産量が限られるという地域資源の制約を逆手に取って高付加価値化が期待でき、理想の姿の一つかもしれません。

未だ寒仕込みの新酒が楽しめる時期です。気に入ったら、是非、周りの人にもご紹介を。


発行/ 中国経済産業局 広報担当参事官
TEL:082-224-5618 FAX:082-224-5640
Website:http://www.chugoku.meti.go.jp/
E-mail :chugoku-mail@meti.go.jp

広告