無理のない節電にご協力ください(2015年夏)、他(中国経済産業局-6/22-)

■□  中国経済産業局メールマガジン   □■
『METI CHUGOKU TIMES』 No.731/2015.6.29

いつも中国経済産業局メールマガジンを愛読いただきありがとうございます。
中国地域における経済産業省施策を中心に、各種イベント、補助金の公募、説明会などの最新情報を、いち早くお届けします。
広く情報を発信したいと願っていますので、お知り合いの方々にぜひご案内ください。
chugoku-mail@meti.go.jp

▼公募
【01】ネット・ゼロ・エネルギー・ビル実証事業3次公募
https://sii.or.jp/zeb26r/third.html

【02】平成26年度補正ものづくり・商業・サービス革新事業2次公募
http://www.chuokai.or.jp/josei/26mh/koubo2-20150625.html

▼イベント
【01】2015年版中小企業白書・小規模企業白書及びものづくり白書説明会(再掲)
http://www.chugoku.meti.go.jp/event/chusho/150615.html

▼お知らせ
【01】無理のない節電にご協力ください(2015年夏)
http://www.chugoku.meti.go.jp/denryoku/150624.pdf

▼関係団体等からの情報提供
□01 ジャパン・ベストニット・セレクション2015出展者募集
http://www.jbks.jp/

□02 省エネ技術講座 ボイラー設備の省エネ戦略
http://www.eccj.or.jp/education/tech/pdf/chu/150714.pdf

□03 中小企業大学校広島校中小企業向け研修
http://www.smrj.go.jp/inst/hiroshima/index.html

□04 創業アカデミー1 これだけは知っておきたい!起業家への道
http://www.assist.ipc.city.hiroshima.jp/seminar/post-13.html

□05 地域イノベーション創出2015inひろしま(再掲)
http://c-collabo.jp/


▼チャレンジ応援団メール
■さあ、中国地域での新しい動きやチャレンジなどを集めてきましたよ!
応援団員【地域経済部長 小島 暢夫】
鳥取県では、新たに航空機の部品などを製造する企業が、技術研究開発拠点を鳥取市に開設することを決め、鳥取県、鳥取市と協定を交わしました。航空機産業は今後大きな伸びが期待できる産業であり、この進出は大きな一歩です。

島根県では、生産性に優れたプログラミング言語「Ruby」を活用するIT企業の進出が相次ぎ、地方創生を先取りする勢いがあります。進出した企業の方は「通勤距離が近く静かで集中できるし、勤務後に夕日を見てくつろぐこともできる。このメリハリある生活が良い。もう東京に戻る予定はない。」と言っておられました。

岡山県では、駅の近くに科学技術振興機構(JST)が新たに事務所を構え、中国四国地域の大学と企業をつなぐマッチングプランナーを配置しました。先日、当局においでになり「県、市や経済産業局などと連携して企業のニーズ、大学のシーズから共同研究などにつなげていきたい。」と話され、意気込みが伝わってきました。(http://www.jst.go.jp/mp/matching.html#mp04

広島県では、6月11日に「ひろしま自動車産学官連携推進会議」が発足し、「広島を、世界を驚かせる技術と文化が持続的に生み出される聖地にする。」などを盛り込んだ2030年産学官連携ビジョンを決定しました。(https://www.hiwave.or.jp/news/5433/) 当局も推進会議主体6者の一人として積極的に取り組みます。7月16日に広島で開催されるシンポジウム「地域イノベーション創出2015inひろしま」においても関連する講演があります。(http://c-collabo.jp/entry/20150716Inovation2015InHiroshima.pdf

山口県では、少々遅れていた水素ステーションがこの夏には周南市にできあがるとのことです。燃料電池自動車だけでなく、水素で動くフォークリフトなども活用される予定と聞いています。水素活用が具体的な形となって見えてきますね。

地方創生の動きでは、夏から秋にかけて各県や市などが地方版総合戦略を策定しますが、まさにここが地域の知恵の絞りどころです。首都圏等の若者も、地域でも自らの人生設計やキャリアアップなどが可能ということが分かれば安心して地方に来られます。IUJターンの受け皿となる仕事を地域に作り出し、若者など多くの方に地方の魅力を知って、来てもらい、仲間になってもらいましょう!


発行/ 中国経済産業局 広報担当参事官
TEL:082-224-5618 FAX:082-224-5640
Website:http://www.chugoku.meti.go.jp/
E-mail :chugoku-mail@meti.go.jp

広告