平成27年度金属加工技術講習会、他(中国経済産業局-11/2-)

■□  中国経済産業局メールマガジン  □■
『METI CHUGOKU TIMES』 No.746/2015.11.2

いつも中国経済産業局メールマガジンを愛読いただきありがとうございます。
中国地域における経済産業省施策を中心に、各種イベント、補助金の公募、説明会などの最新情報を、いち早くお届けします。
広く情報を発信したいと願っていますので、お知り合いの方々にぜひご案内ください。
chugoku-mail@meti.go.jp

▼イベント
【01】環太平洋パートナーシップ協定(TPP協定)大筋合意結果(経済産業省関連分野)に関する説明会
http://www.chugoku.meti.go.jp/event/kokusai/151028.html

▼関係団体等からの情報提供
□01 平成27年度金属加工技術講習会
http://www.itc.city.hiroshima.jp/koshukai/kinzoku.html

□02 お蔵出し映画祭2015(再掲)
http://www.okuradashi.com/

▼チャレンジ応援団メール
■山際(前)副大臣が山口県を訪問されました
応援団長【局長 畑野 浩朗】

前回お話したとおり、去る8月26日に宮沢(前)経済産業大臣を広島にお迎えしたその翌日、本省から「山際(前)副大臣が山口県を訪問されたい」旨の連絡が経済産業局にありました。山際(前)副大臣はご着任以来、精力的に経済産業局をご訪問され、しんがりが中国地域であるとのこと。また、山際(前)副大臣は山口大学(農学部獣医学科)のOBで、ことのほか山口には愛着があり、元気のよい若手経営者と山口の活性化について意見交換したいとのことでした。

一方で、スケジュール的には山際(前)副大臣はすでにタイトな状況で、9月13日の日曜日、1日しか空けられないとのこと。出張の連絡があってから実質2週間、かつ、日曜日のご訪問ということで、経済産業局側の準備はかなり大変でしたが、局内の山口県出身者で構成している「山口県地域パートナー」の強力なネットワークを活用し、なんとか出張プログラムを作ることができました。

出張の模様は、アウトラインを申し上げると以下のとおりでした。

○山口情報芸術センターのご視察・意見交換アートを切り口に空間展示、国内外アーティストを招致したイベントなどを手がける山口情報芸術センターを訪問し、企画展示するとともに、徳地和紙や竹材といった地域資源を素材とした新しいプロダクトの研究などについて説明を受けました。

○山口地域の活性化に取り組む企業経営者等との意見交換山口大学発のベンチャー企業である(株)MOT総合研究所代表取締役社長の木村さん、サッカーJ3の(株)レノファ山口取締役広報部長の柴田さん、そして、女性のための創業支援事業を展開しているライフスタイル協同組合代表理事の船崎さんと、地域の活性化に向けた取り組みや課題について意見交換を行いました。

○徳山駅周辺商店街の視察・若手経営者などとの意見交換周南市の金融機関の支店を改装した複合商業施設(「b&d」)を訪問。その後、周辺に拡がる銀南街商店街を視察され、商店街活性化に向けた今後の計画について、若手経営者やまちづくり会社の代表者と意見交換を行いました。

○瀬戸内ジャムズガーデン視察・若手経営者との意見交換Iターン、Uターンにより人口が社会増となっている周防大島の観光協会を舞台に地域おこしの中心となっている5名の若者((株)瀬戸内ジャムズガーデン代表取締役の松嶋さん、(有)千鳥代表取締役の山崎さん、周防大島ドットコムの江良さん、山口県漁業協同組合浮島支店の桑原さん、(株)ジブンノオト代表取締役の大野さん)の取り組みを紹介していただき、意見交換を行いました。また、椎木町長にも飛び入り参加していただきました。

皆様の暖かいご協力とご理解のおかげで、すこぶる充実した出張となりました。また、道中、山際(前)副大臣からは大学生活の思い出、さらには政治家を志された思いなどもお話いただきました。山際(前)副大臣のご了解を得られれば(!?)、機会を見つけてご紹介できればと思いますが・・・どうでしょうか?


発行/ 中国経済産業局 広報担当参事官
TEL:082-224-5618 FAX:082-224-5640
Website:http://www.chugoku.meti.go.jp/
E-mail :chugoku-mail@meti.go.jp

広告