電力小売の全面自由化説明会、他(中国経済産業局-12/14-)

■□  中国経済産業局メールマガジン   □■
『METI CHUGOKU TIMES』 No.752/2015.12.14

いつも中国経済産業局メールマガジンを愛読いただきありがとうご ざいます。
中国地域における経済産業省施策を中心に、各種イベント、補助金 の公募、説明会などの最新情報を、いち早くお届けします。
広く情報を発信したいと願っていますので、お知り合いの方々にぜひご案内ください。
chugoku-mail@meti.go.jp

▼イベント
【01】IoT時代を担う企業間共創事業トライアル講座(島根)
http://www.chugoku.meti.go.jp/event/denshijyoho/151207.html

【02】電力小売の全面自由化説明会
http://www.chugoku.meti.go.jp/event/denryoku/151210.html

【03】VOC排出抑制セミナー
http://www.chugoku.meti.go.jp/event/kankyo_recycle/151208.html

————————————————————

▼関係団体等からの情報提供
□01 セミナー「飛躍するモノづくり企業」
http://www.assist.ipc.city.hiroshima.jp/seminar/post-20.html

□02 情報セキュリティセミナー
http://www.hiroshimacci.or.jp/training/seminar/


▼チャレンジ応援団メール
■「下町ロケット2」を超えていく
応援団員【次長 大原 晃洋】
「下町ロケット2」が人気である。中小規模の会社が技術開発で同規模の企業と競い、自らよりもはるかに大規模の会社と対峙し、結果として凌駕する。現に様々な出来事を実体験してきた人たちの共感と納得感が根底にあるからではないか。小生もその一人である。作中、中心的役割を果たしている企業のような多くの中小規模の企業の積層と活躍が、日本のものづくりを体現し、強さを牽引している。

中国地域の下町ロケット企業はどこであろうか。次々と会社の名前が思い浮かぶ。先日、「第6回ものづくり日本大賞」の表彰式・交流会があった(11月25日・広島市内・内閣総理大臣賞等19件受賞・当局HP参照)。これら企業は、その規模にかかわらず、ものづくりの視点で作者の関心の射程に入り、心を捉えるに違いない。

我々がご縁を得た「地力」と「のびしろ」を持つ企業の存在と重ね合わせながら、作中の内容に没頭していくと、その物語性の高さに感心する。のみならず、そこで描写される高揚と落胆、手さぐりと錯誤、粘りと熱意、陶酔と達成、これらはすべて前進のために必要な要素ではないか。

我々は、この物語の佃製作所に相当するような中国地域の企業の方々と多様なかかわりを持っている。我々は、機動性と熟慮を備えることで、これら企業群を盛り上げていくための実効性のある機関としての役割を果たしていく。そうすることで、「下町ロケット2」を超えていきたいと思う。

(注)中国経済産業局HP「第6回ものづくり日本大賞受賞者決定」平成27年10月28日公表
http://www.chugoku.meti.go.jp/info/press/h27/1028.pdf


発行/ 中国経済産業局 広報担当参事官
TEL:082-224-5618 FAX:082-224-5640
Website:http://www.chugoku.meti.go.jp/
E-mail :chugoku-mail@meti.go.jp

広告