平成28年度地域・まちなか商業活性化支援事業(地域商業自立促進事業)の募集、他(中国経済産業局-3/14-)

■□  中国経済産業局メールマガジン   □■
『METI CHUGOKU TIMES』 No.763/2016.3.14

いつも中国経済産業局メールマガジンを愛読いただきありがとうございます。
中国地域における経済産業省施策を中心に、各種イベント、補助金の公募、説明会などの最新情報を、いち早くお届けします。
広く情報を発信したいと願っていますので、お知り合いの方々にぜひご案内ください。
chugoku-mail@meti.go.jp

▼イベント
【01】平成28年度地域・まちなか商業活性化支援事業(地域商業自立促進事業)の募集
http://www.chugoku.meti.go.jp/koubo/ryutsu/160311.html

【02】中堅・中小企業への支援パッケージ 中国説明会(再掲)
http://www.chugoku.meti.go.jp/event/chiikikeizai/160229.html

▼お知らせ
【01】Yahoo!Japan意識調査電力自由化、あなたは切り替える?
http://polls.dailynews.yahoo.co.jp/domestic/21942/result

▼関係団体等からの情報提供
□01 平成28年度新エネルギーベンチャー技術革新事業に係る公募
http://www.nedo.go.jp/koubo/CA2_100100.html

□02 平成28年度第1回法令関連講座
省エネ法に基づく提出書類(中長期計画・定期報告)の書き方&管理標準(工場編)作成講座(再掲)
http://www.eccj.or.jp/education/tech/pdf/chu/160427.pdf

▼チャレンジ応援団メール
■ 研修やセミナーのあとはどうしますか?
応援団員【総務企画部長 小島 暢夫】
○はじめに
今年も東日本大震災の発生した3月11日を迎えました。5年を経た訳ですが、多くの死傷者や行方不明者を出し、東北地方を中心に大被害をもたらした大震災の経験を風化させないことが肝心です。東日本では引き続き数多くの地震が発生しています。当地域でも遠くのことと油断せずに防災・減災にしっかりと取り組んでいきましょう。

○担い手育成研修
さて2月下旬に松江市にて「地域産業食の担い手育成研修」が行われました。

この研修は当局主催で、地域における食に関連する地域資源発掘から商品開発、ブランド化までの次世代の担い手育成を目的としており、今回で第7回となりました。

参加者は食品・食品加工に携わる方だけでなく、自治体や地域おこし協力隊として地域振興などに関わる方で、中国地域以外の熊本や高松からも参加がありました。

講義の一方で、今回は「トビウオ」をモデル資源としてSWOT分析を活用しつつ、商品提案やポスター作成をしてみようという企画も含まれます。各自の考えを付箋に書き、貼り付けていく様子には「うーん、昔やったなあ」という懐かしい感覚が甦ります。

今回講師としてご指導いただいたのは、道の駅の駅長や食品関係のバイヤー、地域商社の方々などです。コメントは最初は優しく、徐々に辛口となりましたが、商品に関することだけでなく、ターゲットとする市場、適切な分量・パッケージ、値決めの方法など非常に実用的で役に立つものでした。

参加者の方々の横のつながりも広がり、ネットワークとなっていくことも期待されます。

ここで質問ですが、研修やセミナーなどの後に皆さんはどうされますか?

講義や実習を経験して良い内容だったなあというだけでなく、テーマを自らのことに置き換えて、あの先生だったらどうするだろうと考えてみていただくとありがたいです。講師と同じ考え方を使うことができれば、自分の中に新たな道が見えてくるかもしれません。

そして心に刺さったのは「何を待っているのか、いつまで検討中なのか」との言葉。確かに動き出すことは重要ですね。やらない理由よりも、どうしたらできるのかを考えましょう。

私も大変勉強になりましたし、来年度の実施が楽しみです。


発行/ 中国経済産業局 広報担当参事官
TEL:082-224-5618 FAX:082-224-5640
Website:http://www.chugoku.meti.go.jp/
E-mail :chugoku-mail@meti.go.jp

広告