Eメールサービス4月号を配信しました。

HPへの掲載が遅くなってしまい、申し訳ありません。
※一部終了しているものもあります。

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※
因島商工会議所
TEL 0845-22-2211 FAX 0845-22-6033
mailto: info@cci.in-no-shima.jp (代表)
※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

clip_image002

★★★★★補助金や地域の様々な情報を随時更新しています★★★★★
ぜひ当所のホームページもご覧ください!!
ホームページ http://cci.in-no-shima.jp
また、Facebook・Twitterでも情報をお届けしています!!
Facebook http://www.facebook.com/inshoko
Twitter
https://twitter.com/innoshima_cci
はっさくんオフィシャルサイト
http://cci.in-no-shima.jp/hassakun/

◆◆◆◆ 本日の内容 ◆◆◆◆
<因島商工会議所情報>
1. はっさくん缶バッジに春バージョン登場!!
2. 村上水軍や多くの女傑を育てた因島から「大人の学校」が始動!!
運営費のご支援をぜひお願いいたします!!!
3. 職員募集のご案内!
<労務関係>
4. 傷病手当金・出産手当金の給付金額の計算方法が平成28年4月から変わります!
<融資、補助金、助成金関係>
5. 新事業創出チャレンジ企業支援事業助成金の公募【〆切~4/14】
6. 平成27年度補正予算「ものづくり・商業・サービス新展開支援補助金」の公募【〆切~4/13】
7. 広島県次世代ものづくり技術開発支援補助金の公募【〆切~4/18】
8. 平成27年度補正予算「中小企業等の省エネ・生産性革命投資促進事業費補助金」の1次公募【〆切~4/22】
9. 平成27年度補正予算「小規模事業者持続化補助金」の公募【〆切~5/13】
10. <経済産業省>補助事業の公募状況一覧表を掲載
<各地講演会等のお知らせ>
11. 平成28年度中小企業大学校 広島校で実施する研修の案内
12. 各種講習会のお知らせ
<地域関係>
13. 東京銀座の広島ブランドショップ「TAU」で、観光物産展を行なった。
14. 「空母型」フェリー、国産第1号が4月に就航 建造費は1億2600万円

◆因島商工会議所及び関連会議等スケジュール◆

================================================

1.はっさくん缶バッジに春バージョンが各100個限定登場!!

clip_image003

■はっさくんの缶バッジのサイクリングとボーカルの春バージョンが、いんのしまさくら祭から販売開始します!各100個限定になりますので、お早めに~!!

<日時>
平成28年4月3日(日)
<時間>
10時~15時 ※雨天時:尾道市営中央駐車場【ポートピアはぶ】にて開催
<場所>
ホテルいんのしま
<内容>
ステージイベント、バザール

★お問い合わせ
一般社団法人 因島観光協会
〒722-2323 広島県尾道市因島土生町1899-31土生港湾ビル2F
TEL 0845-26-6111 FAX 0845-26-6112 E-mail kanko@luck.ocn.ne.jp

因島商工会議所
〒722-2323 広島県尾道市因島土生町1762-38
TEL 0845-22-2211 FAX 0845-22-6033

================================================

2.村上水軍や多くの女傑を育てた因島から「大人の学校」が始動!!
  運営費のご支援をぜひお願いいたします!!

■クラウドファンディングにより、因島で歴史の授業、しまなみ海道をサイクリングする体育の授業、レトロな商店街の散策、潮流体験など因島ならではのプログラムを体験できる「大人の学校」を開校しようとするプロジェクトが始まります!

多くの人に因島に来ていただくことで、島の人々に元気を与え、子供たちも勇気を持って過ごせるようになります。

このプログラムを多くの人に知って頂き、訪れてもらうための運営費のご支援をぜひお願いします。

clip_image005

大人の学校について
https://readyfor.jp/projects/7463

クラウドファンディングのHP
https://readyfor.jp/

================================================

3.職員募集のご案内

■事業内容
因島商工会議所は、尾道市因島地区管内の法人、個人、団体などを会員とする地域唯一の総合経済団体です。

企業の経営向上につながることであれば、そのすべてが私たちの職務です。経営相談や企業の経営環境に関して国や県・市などに要望を行う「政策提言活動」。産業の活性化と魅力あるまちづくりのための「地域振興活動」。これらの活動により、企業の経営力向上を図り、地域の発展を目指すことを使命としています。

募集内容
職員募集2016年度

================================================

4.傷病手当金・出産手当金の給付金額の計算方法が平成28年4月から変わります!

■社会保険業務ご担当者の方へ協会けんぽからのお知らせです。
傷病手当金・出産手当金の給付金額の計算方法について、平成27年度健康保険法改正が行われました。

平成28年4月から、支給開始される前1年間の給与を基に計算された金額で支給されます。

詳細 → https://www.kyoukaikenpo.or.jp/~/media/Files/honbu/g3/cat310/280201seidokaisei.pdf

★お問い合わせ
全国健康保険協会
東京都千代田区九段北4-2-1 市ヶ谷東急ビル9F
電話番号:03-5212-8211

================================================

5.新事業創出チャレンジ企業支援事業助成金の公募【〆切~4/14】

■ひろしま産業振興機構では、新技術、新商品・新サービスの発掘に基づく成長戦略の支援強化策として、従来、手薄であった事業化、市場化段階の取り組みに対し、資金面で支援する事業を、公募します。新事業の創出に向け、チャレンジされる皆様のご応募をお待ちしています。

■対象者  中小企業者、企業組合、協業組合等、創業予定者

■対象事業 新たな事業分野への開拓を目指す次に掲げる事業
(1)事業化促進事業
◇企画調査・試作品製造・商品改善・ビジネスモデル構築
(2)市場化促進事業
◇販売計画・広報活動・見本市等出展

■助成率
(1)事業化促進事業:助成対象経費の2/3以内
(2)市場化促進事業:助成対象経費の1/2以内

■助成限度額
(1)事業化促進事業:300万円以内
(2)市場化促進事業:100万円以内

■公募期間 平成27年3月1日(火)~4月14日(木))[17時必着]

詳細 →  https://www.hiwave.or.jp/news/7897/

★お問い合わせ
公益財団法人 ひろしま産業振興機構中小企業・ベンチャー総合支援センター
起業化・事業化支援 担当:蔵田、橋本
〒730-0052 広島市中区千田町3-7-47 広島県情報プラザ
TEL 082-240-7701 FAX 082-249-3232)

================================================

6.平成27年度補正予算「ものづくり・商業・サービス新展開支援補助金」の公募【〆切~4/13】

■国内外のニーズに対応したサービスやものづくりの新事業を創出するため、認定支援機関と連携して、革新的なサービス開発・試作品開発・生産プロセス改善を行う中小企業・小規模事業者の設備投資等を支援する本補助事業を公募します。
【原則、公募は1回限り】
<公募概要>
■対象者  日本国内に本社及び開発拠点を有する中小企業者

■対象事業 「革新的サービス」、「ものづくり技術」の2つの類型があり、それぞれについて次の型があります。
(1)一般型
・補助上限額:1,000万円  ・補助率:2/3以内
・設備投資が必要
・補助対象経費:機械装置費、技術導入費、運搬費、専門家経費
(2)小規模型
・補助上限額:500万円    ・補助率:2/3以内
・設備投資可能(必須ではない)
・補助対象経費:機械装置費、原材料費、技術導入費、外注加工費、委託費、知的財産権等関連経費、運搬費、専門家経費、クラウド利用費
(3)高度生産性向上型
・補助上限額:3,000万円  ・補助率:2/3以内
・設備投資が必要
・補助対象経費:機械装置費、技術導入費、運搬費、専門家経費

■公募期間 平成28年2月5日(金)~4月13日(水)〔当日消印有効〕

詳細 → http://www.chuokai-hiroshima.or.jp/monod27_1.php?page=2&action=defaultaction_show_detail

★お問い合わせ
広島県地域事務局(広島県中小企業団体中央会)
TEL:082-228-0926 FAX:082-222-1777
mailto:mono@chuokai-hiroshima.or.jp

================================================

7.広島県次世代ものづくり技術開発支援補助金の公募【〆切~4/18】

■本補助金事業は、本県ものづくり企業の持続的な発展を図るため、輸送用機械、一般・電気機械関連分野を営む製造業者を対象として、これまで自社で取り組んできた先行開発の成果等を基に,具体的な市場(客先)ニーズを踏まえ、取り組むべき課題と技術構想が明確になっている応用開発・実用化開発を支援します。

■事業の概要
県内ものづくり企業が代表事業者となり、民間企業等の事業者又は大学等研究機関から1者以上を加えた開発グループを構成して実施する応用・実用化開発に対して、県はその開発に要する経費の一部を補助。また、応用・実用化開発の進行管理等の支援を行う事業管理機関を指名して事業を行う場合は、県はその経費を補助。

■補助額(補助率)等
◇代表事業者の要件:資本金100億円未満
◇補助額(補助率):1,000万円以内(補助対象経費の1/2以内)

■公募期間 平成28年3月18日(金)~4月18日(月)[17:15分必着]

★お問い合わせ
広島県 商工労働局イノベーション推進チーム
ものづくり・新産業支援担当 TEL:082-513-3362
FAX:082-223-2137 mailto:syoinnov@pref.hiroshima.lg.jp

================================================

8.平成27年度補正予算「中小企業等の省エネ・生産性革命投資促進事業費補助金」の1次公募【〆切~4/22】

■本事業は、省エネルギー性能の高い機器及び設備への更新により省エネルギーを推進することで、エネルギーコストの削減を通じて、生産性を向上させ、企業の競争力を強化することを目的とするもので、本補助金の公募が開始される予定です。

■補助率  補助対象経費の1/3以内
(補助対象経費は購入する補助対象設備の設備費用のみ)

■補助金限度額
◇上限:1事業者あたりの補助金  1億円
◇下限:1事業所あたりの補助金 50万円
(中小企業者及び個人事業主の場合は30万円)

■補助対象設備に定める設備区分
◇高効率照明  ◇高効率空調  ◇産業ヒートポンプ
◇業務用給湯器 ◇高性能ボイラ ◇低炭素工業炉
◇変圧器    ◇冷凍冷蔵庫  ◇FEMS

■公募期間 平成28年3月22日(火)~4月22日(金)※17:00必着

詳細 → https://sii.or.jp/kakumeitoushi27r/

★お問い合わせ
(一社)環境共創イニシアチブ TEL:0570-783755(ナビダイヤル)
IP電話からのご連絡 TEL:042-303-1533

================================================

9.平成27年度補正予算「小規模事業者持続化補助金」の公募【〆切~5/13】

■小規模事業者が、商工会・商工会議所と一体となって、販路開拓に取り組む費用(チラシ作成費用や商談会参加のための運賃など)を支援します。複数の事業者が連携した共同事業、海外展開や雇用対策に取り組む事業、移動販売などによる買い物弱者対策に取り組む事業については、補助上限額を引き上げ、より重点的に支援します。また、業務効率化・生産性向上に向けた取り組みについても支援の対象とします。

■補助対象者
製造業その他の業種に属する事業を主たる事業として営む会社及び個人事業主であり、常時使用する従業員の数が20人以下(卸売業、小売業、サービス業)に属する事業を主たる事業として営む者については5人以下)の事業者。

■補助率   補助対象経費の3/2以内

■補助上限額 50万円
・100万円(雇用増加、海外展開、買い物弱者対策)
・500万円(連携する小規模事業者数による)

■公募期間  平成28年2月26日(金)~5月13日(金)

詳細 → http://h27.jizokukahojokin.info/

★お問い合わせ
<全国商工会連合会>
※商工会の管轄地域で事業を営んでいる小規模事業者の方
電話でのお問い合わせは、申請予定の商工会が所在する地域の都道府県商工会連合会に行って下さい。
◆詳細情報 http://www.shokokai.or.jp/?post_type=annais&p=3224

<日本商工会議所小規模事業者持続化補助金 事務局>
※商工会議所の管轄地域で事業を営んでいる小規模事業者の方
TEL:03-6459-2004(土日祝日除く)

================================================

10<経済産業省>補助事業の公募状況一覧表を掲載

■経済産業省の平成27年度補正予算に係る補助事業(補助金等)の公募状況(募集期間(開始予定含む)、支援内容、担当課)を掲載しています。

平成28年度予算事業は予算成立後に掲載します。
詳細 → http://www.chusho.meti.go.jp/hojyokin/index.htm

★お問い合わせ・お申込み先
中小企業大学校 広島校 研修担当
〒733-0834 広島県広島市西区草津新町1-21-5
電話:082-278-4955
FAX:082-278-7201
URL:http://www.smrj.go.jp/inst/hiroshima/
E-mail:hiro-kenshu@smrj.go.jp

================================================

11平成28年度中小企業大学校 広島校で実施する研修の案内

■中小企業大学校広島校は、中小企業向け等の研修を実施している国の機関です。

本年度は、経営者・経営幹部・管理者・リーダー候補者等を対象に、経営戦略、財務管理、生産管理など6つの分野について、37コースの中小企業向け研修を実施します。多くの方々からの受講申込みをお待ちしています。

■平成28年度日程別研修の案内一覧
http://www.smrj.go.jp/inst/hiroshima/list/details2016/093431.html

★お問い合わせ・お申込み先
中小企業大学校 広島校 研修担当
〒733-0834 広島県広島市西区草津新町1-21-5
電話:082-278-4955
FAX:082-278-7201
URL:http://www.smrj.go.jp/inst/hiroshima/
E-mail:hiro-kenshu@smrj.go.jp

================================================

12.各種講習会のお知らせ

■平成28年3月・4月・5月までの各種講習会の日程をご案内いたします。
詳細 → https://inshoko.wordpress.com/2016/02/22/01-341/

★お問い合わせ・お申込み先
広島県労働基準協会尾道支部
TEL:0848-22-3432 FAX:0848-22-3444

================================================

13.東京銀座の広島ブランドショップ「TAU」で、観光物産展を行なった。

■因島観光協会は27・28日東京銀座の広島ブランドショップ「TAU」で、観光物産展を行なった。千客万来の盛況で、7279人の人たちが訪れ過去最高の来場者となった。出足は良く開店前から100人の行列。商品の売れ行きは好調で、初日で翌日分まで売れる状態だった。

事前に900通のダイレクトメールを送ったり、インターネットや口コミで知らせるなどの努力が実ったのか、ポルノグラフィティファンなどの来店が増えた模様である。出店した店舗は次の11店舗。

一色商店▽JA尾道▽松愛堂▽プチフール▽菓子処中島▽博愛堂▽ふじよし▽商工会議所▽シゲイノイエ▽観光協会▽和六農園。

物産展にJA尾道市、因島商工会議所、因島郷心会が協賛した。

【出典】「せとうちタイムズ(web)」 3/5記事

================================================

14.「空母型」フェリー、国産第1号が4月に就航 建造費は1億2600万円

■操舵室や客室を片舷に寄せることで、車両を積載する甲板を露天にした「空母型」の小型フェリーを、広島県尾道市因島三庄町の「石田造船」が建造し22日、同社で進水式が行われた。左右非対称となる同様の構造を持った旅客船の建造は国内初という。市営渡船の細島-因島・西浜航路に4月上旬から就航する。

細島-西浜間の約2・7キロを片道15分で結ぶ同航路は昭和33年の開設。就航する通船は初代が「こまたき丸」、2代目以降は代々「こまたき」と名づけられた。3代目からフェリーになり、今の4代目は平日と土曜に1日9往復、日曜・祝日に5往復運航している。新船は、プロポーザル方式で同社の設計が採用された。

完成した5代目は総トン数19トン、全長28・2メートル、最大幅7・58メートル、航海速力約7ノットで、建造費1億2600万円。前後どちらに向かっても航行できる両頭船で、車両などが乗降するランプドアは船首と船尾の両方に設けられている。船長と甲板員各1人の乗組員2人で運航され、乗客定員42人、車両は普通車なら6台、4トントラックなら2台を積載できる。

同社によると、総トン数20トン未満の旅客船は、より大型の船に比べて、乗組員数や定期検査の回数が格段に少なくて済み、運航経費が大幅に節約できる。一方で、船の容積に厳しい基準があるため、車両積載部分に天井がある従来の構造では、甲板から天井までの高さが制限され、かさばる荷物を積んだトラックやコンクリートミキサー車などを載せることが困難だった。

「空母型」の採用は、このジレンマを解消するためだが、国内初の試みだけにマストや航海灯の設置方法など、クリアしなければならない課題も多かったという。

また、バリアフリートイレや車いす用のスペース、点字ブロックなども設けられた。船体には「光と海と島と柑橘」をイメージした白と青と緑の地に黄色い水玉が配された塗装が施されている。同市の百島で芸術活動を続けている「ART BASE MOMOSHIMA広島アートプロジェクト実行委員会」がデザインした

「産経WEST」 3/23 記事

================================================

◆因島商工会議所及び関連会議等スケジュール◆
<当所関係>
3/31      尾道プレミアム付商品券事業運営委員会
3/31      尾道市産業支援員運営委員会
4/3       いんのしまさくら祭
4/4       新入社員研修
4/8       第14回中国地方CCI&AXA共済制度推進会議
4/10      珠算検定試験
4/10      日本珠算連盟因島支部総会
4/11      小規模補助金実績報告ヒアリング
<関連関係>
3/25       因島技術センター運営協議会総会
3/26      中庄商工振興会総会懇親会
3/27      大阪広島県人会
3/29  (一社)因島観光協会第2回理事会
4/6       因島技術センター初任者研修入校式

================================================

広告