中小企業等経営強化法説明会、他(中国経済産業局-6/15-)

■□  中国経済産業局メールマガジン  □■
『METI CHUGOKU TIMES』 No.775/2016.6.15

いつも中国経済産業局メールマガジンを愛読いただきありがとうございます。
中国地域における経済産業省施策を中心に、各種イベント、補助金の公募、説明会などの最新情報を、いち早くお届けします。
広く情報を発信したいと願っていますので、お知り合いの方々にぜひご案内ください。
chugoku-mail@meti.go.jp

◆ Twitterからも情報を発信しています。是非フォローをお願いします。 https://twitter.com/meti_Chugoku

▼イベント
【01】地域イノベーション創出2016inおかやま
http://c-collabo.jp/entry/20160722Inovation2016InOkayama.pdf

【02】中小企業等経営強化法説明会
http://www.chugoku.meti.go.jp/event/keieishien/160609.html

▼お知らせ
【01】サービス生産性革命の幕開け
~第1回日本サービス大賞受賞者決定~
http://service-award.jp/

▼関係団体等からの情報提供
□01 平成28年度第1回留学生活用セミナー参加企業募集(再掲)
http://www.int-students-hiroshima.jp/news/jp/company/?myCategory=1


▼チャレンジ応援団メール
■今年はJR木次線 開業100周年です!
トロッコ列車「奥出雲おろち号」が鉄道ファンに大人気!
「撮り乗り旅ツアー」が「吉田ふるさと村」から発売中ですよ!
応援団員【産業振興課長 松井 眞一】
島根県の宍道駅から広島県の備後落合駅を結ぶ「JR木次線」が今年、開業100周年(10月11日)を迎え、沿線の各地で記念のイベントが盛りだくさんです。先週末の6月11日(土)には、出雲大東駅で記念イベントが盛大に催されるなど、「木次線2016フォトコンテスト(~8/31〆切)」も大~っ! 募集中です。

山陰(米子市)出身の私にとってこの路線の思い出は、木次線~芸備線を走っていた「夜行急行ちどり号(夜行便は、1980年(昭和55年)ダイヤ改正により廃止)」ですね。当時、故郷と広島を結ぶ唯一の公共交通機関として、よく利用していました。懐かしいです。

そして、この路線には、全国的にも珍しい「三段式スイッチバック」や駅(出雲坂根駅)構内に湧く伝説の「延命水」、松本清張の名作「砂の器」の舞台となった亀嵩駅は、現在、駅舎が蕎麦屋、などと個性的な名所もたくさんあります。

今、木次線では、家族連れや鉄道ファンに人気の「トロッコ列車“奥出雲おろち号”」が期間限定で運行しています。2両編成のトロッコ列車は、青と白に塗り分けられた車体に☆星を散りばめた、とってもお洒落なデザインでも人気です。

そのお洒落な「おろち号」を追いかけて、沿線の「撮影スポット」をタクシーで巡り、その後「地元食材を使った特製弁当を食べながら列車に乗る!」という“鉄道ファン必見のツアー”が「吉田ふるさと村」から発売されました。(ツアー募集中ですよ~。)

窓ガラスのない開放感あふれる列車内には、自然の心地よい風が吹き込み、豊かな自然をあますところなく眺め、そして地元産の食材を使ったお弁当や名物“出雲そば”に舌鼓を打ちながら、木次線100年の歴史を感じてみては如何でしょうか。

◆木次線開業100周年HP
http://kisuki-line.com/evo/

◆木次線2016フォトコンテスト(~8/31〆切)
http://kisuki-line.com/evo/photo-2016contest.html

◆奥出雲おろち号【JR木次線トロッコ列車】
http://www.hiikawa-summit.info/orochi/

◆吉田ふるさと村(ツアー情報)
トロッコ列車「奥出雲おろち号」撮り乗り旅タクシープラン
http://kankou.y-furusatomura.co.jp/pwm/tour.html?code=145

◆うんなん旅ネット(雲南市観光サイト)
http://www.unnan-kankou.jp/contents/spot/209


発行/ 中国経済産業局 広報担当参事官
TEL:082-224-5618 FAX:082-224-5640
Website:http://www.chugoku.meti.go.jp/
E-mail :chugoku-mail@meti.go.jp

広告