平成28年度環境経営実践講習会、他(中国経済産業局-8/10-)

■□  中国経済産業局メールマガジン  □■
『METI CHUGOKU TIMES』 No.783/2016.8.10

いつも中国経済産業局メールマガジンを愛読いただきありがとうございます。
中国地域における経済産業省施策を中心に、各種イベント、補助金の公募、説明会などの最新情報を、いち早くお届けします。
広く情報を発信したいと願っていますので、お知り合いの方々にぜひご案内ください。
chugoku-mail@meti.go.jp

◆ Twitterからも情報を発信しています。是非フォローをお願いします。
https://twitter.com/meti_Chugoku

▼公募
【01】平成27年度補正予算農商工連携等によるグローバルバリューチェーン構築事業 3次公募
http://noshoko-gvc.jp/

▼お知らせ
【01】支援制度利用ガイドブック 2016年度版 定期更新中
http://www.chugoku.meti.go.jp/policy/seisaku/kikaku/guide/2016.html

▼関係団体等からの情報提供
□01 平成28年度環境経営実践講習会
http://www.itc.city.hiroshima.jp/koshukai/h28-kankyou.html

□02 平成28年度 3Dプリンター活用技術研修会
http://www.itc.city.hiroshima.jp/koshukai/h28-3dprinter.html

□03 平成28年第1回セミナー デザイン思考基礎編
http://www.hiro-smeca.jp/活動/セミナー/平成28年-第1回セミナー-デザイン思考基礎編/

□04 産学連携スタート補助金 後期募集
http://kuressc.or.jp/index.php/seidojoho/sangakuhojo/

□05 ものづくり技術伝承補助金(動画・マニュアル等作成支援)募集
http://kuressc.or.jp/index.php/seidojoho/denshohojo/

□06 第15回ビジネスフェア中四国2017 出展者募集
http://www.city.hiroshima.lg.jp/keizai/conv/fair/index.html

□07 平成28年度創業塾(福山) 創業するためにコラボしよう
http://www.fukuyama.or.jp/seminar/sougyojyuku/


▼チャレンジ応援団メール
■夏季の省エネルギーへの取り組み
応援団員【資源エネルギー環境部長 谷本 隆】
先週は夏季休暇を取り、久しぶりに自宅のある千葉市で過ごしてきました。

中国地方の今年の梅雨明けは例年並みの7月18日でしたが、関東地方は例年(7月21日頃)より1週間程度遅い7月28日で、本格的に暑くなったのは8月に入った先週からだったようです。そのためなのか家族からは熱気も一緒に連れてきたと、久しぶりに会えたというのに煙たがられてしまいました。

つい先日まで「2016年の夏はラニーニャ現象が発生し、史上で最も暑い年になるのでは」との予想がメディア等を賑わしていたこともありましたが、直近の気象庁の解説によりますと「6月の実況としてはエルニーニョ現象もラニーニャ現象も発生しておらず、夏の間にラニーニャ現象が発生する可能性はこれまでの予測に比べて小さくなり、ラニーニャ現象の発生が秋になる可能性も出てきた」とのことです。

ちなみに、エルニーニョ/ラニーニャ現象とは、太平洋赤道域東側の南米付近の海面水温が平年より高くなり、その状態が1年程度続くのがエルニーニョ現象で、逆に同じ海域で海面水温が平年より低い状態が続く現象がラニーニャ現象と呼ばれ、ラニーニャ現象が発生している時は太平洋西側のインドネシア近海に暖かい海水がより厚く蓄積するため、気温の上昇とともに積乱雲の発生が盛んになるようです。

梅雨明け以降は連日熱帯夜が続いていますが、史上で最も暑い夏にならなければ、今のところ部屋の窓を全開にして自然風を取り込むことで、エアコンに頼らずに一夏を越せるのではないかと思っています。

当然ながら、熱中症予防のためにエアコンで室温を適度に下げる必要がありますので、過度の節電や「この程度の暑さなら大丈夫」と我慢しないでいようと思う一方で、一日中エアコンに頼りきらないよう体づくりにも心がけたいと思う次第です。

一方当局では、これまでエネルギーの需要が増大する夏季と冬季に、各方面に省エネルギーへの取り組みを呼びかけています。今夏の省エネルギー対策については、6月から9月の4か月間を夏季の省エネキャンペーン期間としており、冷房中の室温の適正化や照明の削減など、政府も率先して省エネルギー対策の実践に取り組んでいます。皆様の事業所やご家庭におかれましても、無理のない範囲でご協力をいただくよう呼びかけておりますので、ご参考にして戴けますと幸いです。

(当局ウェブサイト)
「夏季の省エネルギーへのご協力をお願いします
-6月から9月は夏季の省エネキャンペーン-」
http://www.chugoku.meti.go.jp/topics/energy/160603.html


発行/ 中国経済産業局 広報担当参事官
TEL:082-224-5618 FAX:082-224-5640
Website:http://www.chugoku.meti.go.jp/
E-mail :chugoku-mail@meti.go.jp

広告