ものづくり技術伝承補助金 随時受付中、他(中国経済産業局-8/24-)

■□  中国経済産業局メールマガジン   □■
『METI CHUGOKU TIMES』 No.784/2016.8.24

いつも中国経済産業局メールマガジンを愛読いただきありがとうございます。
中国地域における経済産業省施策を中心に、各種イベント、補助金の公募、説明会などの最新情報を、いち早くお届けします。
広く情報を発信したいと願っていますので、お知り合いの方々にぜひご案内ください。
chugoku-mail@meti.go.jp

◆ Twitterからも情報を発信しています。是非フォローをお願いします。
https://twitter.com/meti_Chugoku

▼公募
【01】カワいいモノ研究会 参加事業者の募集について
http://www.chugoku.meti.go.jp/kawaii/information/index.html

▼イベント
【01】平成28年度材料素材技術事業化交流会
http://www.chugoku.meti.go.jp/event/chiikikeizai/160817.html

▼関係団体等からの情報提供
□01 ものづくり技術伝承補助金 随時受付中
http://kuressc.or.jp/index.php/seidojoho/denshohojo/

□02 平成28年度三菱UFJ技術育成財団研究開発助成金(第2回)
http://www.mutech.or.jp/subsidy/index.html

□03 IPA/JEITA共催セミナー ソフトウェア開発のモデリングの課題 と施策
http://sec.ipa.go.jp/seminar/20160902.html

□04 平成28年度第2回マッチングフォーラム 「サーマルマネキン」 による温熱環境評価の未来
https://www.hiwave.or.jp/purpose1/seminar/seeds/

□05 宇宙開発関連技術の現状と産業応用セミナーの開催
http://www.iti-yamaguchi.or.jp/docs/2016080200016/

□06 やまぐちイノベーション創出推進拠点の紹介
http://www.sangaku.yamaguchi-u.ac.jp/innovation/index.php?submode=mcyi_main

□07 コージェネ大賞2016 募集しています
http://www.ace.or.jp/web/gp/gp_0010.html

□08 平成28年度第3回広島高分子材料研修会
http://www.itc.city.hiroshima.jp/koshukai/h280909-koubunshi.html

□09 NEDOフォーラム2016 in 中国(再掲)
http://www.nedo-forum2016.jp/chugoku.html

□10 Ruby biz グランプリ 2016 事例募集(再掲)
http://rubybiz.jp/


▼チャレンジ応援団メール
■美味しいビールづくり
応援団員【総務企画部付次長 隅田 誠】
今年の夏も終わろうとしているが、1年中を通じて多くの人々に飲まれているビールは、喉を潤し、年々、美味しさが増している。先日、ビール会社に勤務する広島大学に縁(ゆかり)のある開発担当者による公開講演会があった。

ビールづくりは、まず大麦を糖化して麦汁をつくり、次に酵母で発酵してつくられる。1年中飲めるビールは、1杯目はおいしく、2杯目以降も何杯でも躊躇無く飲めるビールづくりが大切(K社)。ビールの美味しさは、コクと香りであり、ダイヤモンドと名のつく固い麦芽を探し出し、銅製の加熱装置で3回煮沸して抽出した麦汁づくりで深みのある最高に美味しいビールができる(S社)。いずれもプレミアム戦略による販売シェアの拡大を狙う。

現在のビールの主流は黄金色に輝くピルスナータイプであり、このビールに使われる下面発酵酵母で発酵が終わると酵母が下に沈んでいく。ビール酵母の種類は多く、どの菌株、どの原料を使うか、そして発酵過程の温度など管理条件をどのように制御していくかが肝。

紀元前4000年以上前の歴史を持つといわれているビールは、酵母という生物が生み出す産物であり、酵母自体の働きはデリケートで奥が深く、未解明の部分が多いとのこと。

開発途上での話。発泡酒では、糖分が多く発酵過程が進むにつれてだんだんと酵母の元気がなくなったという。一方、ビールでは、糖分以外の栄養分が多種含まれており、その酵母は発酵が進んでも元気なままであったとのこと。発泡酒とビールでは、つくるときの原料が異なるため酵母の活性に違いが出たそうだ。これは、我々人間の細胞にも当てはまると推察。即ち糖分の取り過ぎはよろしくないと。酵母の話ではあるが人間についても疫学的に理解ができる。

酵母という未知なる生物がつくり出すビールの美味しい季節は続き、これからも開発担当者たちのチャレンジを喉で味わっていきたい。


発行/ 中国経済産業局 広報担当参事官
TEL:082-224-5618 FAX:082-224-5640
Website:http://www.chugoku.meti.go.jp/
E-mail :chugoku-mail@meti.go.jp

広告