テクノロジーで創る モビリティ社会セミナー、他(中国経済産業局-1/11-)

■□      中国経済産業局メールマガジン      □■
『METI CHUGOKU TIMES』 No.801/2017.1.11

いつも中国経済産業局メールマガジンを愛読いただきありがとうございます。
中国地域における経済産業省施策を中心に、各種イベント、補助金の公募、説明会などの最新情報を、いち早くお届けします。
広く情報を発信したいと願っていますので、お知り合いの方々にぜひご案内ください。
chugoku-mail@meti.go.jp

▼イベント
【01】テクノロジーで創る モビリティ社会セミナー
http://www.chugoku.meti.go.jp/event/automobile/161226.html

【02】太陽電池発電所の新制度説明会(追加募集)
新たに始まった「使用前自己確認制度」の概要説明と「安全管理審査の受審の秘訣」を伝授します
http://www.safety-chugoku.meti.go.jp/denki/hatsuden/161201taiyodenchihatsudenshosetumeikai.pdf

【03】平成28年度コンビナートシンポジウムの開催
http://www.chugoku.meti.go.jp/event/enetai/161208.html

▼関係団体等からの情報提供
□01 おかやまテクノロジー展(OTEX)2017
http://www.optic.or.jp/otex/

□02 小さな会社の成功事例100連発!
http://www.assist.ipc.city.hiroshima.jp/seminar/post-32.html

□03 企業経営力強化研修「次世代を牽引するリーダーに求められる考え方と経営力」
大切なことを未来に引き継ぐ事業承継の勘所
http://www.fukuyama.or.jp/seminar/kyouka/

□04 ワーク・ライフ・バランス推進セミナー&情報交換会
http://www.city.iwakuni.lg.jp/soshiki/5/17039.html

□05 平成28年度第2回留学生合同企業説明会
https://goo.gl/6EgRvv

□06 平成28年度精神的価値が成長する感性イノベーション拠点公開シンポジウム
http://coikansei.hiroshima-u.ac.jp/2016/12/03/hiroshima_20160131/

□07 平成28年度デジタルエンジニアリング講習会
http://www.itc.city.hiroshima.jp/koshukai/h28-digital.html

□08 ジョブフェア オン キャンパスin福山大学(再掲)
http://www.int-students-hiroshima.jp/


▼チャレンジ応援団メール
■丁酉(ひのととり)
応援団長【局長 波留 静哉】

皆さん、あけましておめでとうございます。本年もよろしくお願いいたします。

前々回の谷本部長も話題にしましたが、今年の干支は「丁酉(ひのととり)」です。お恥ずかしい話、入省したての頃、干支(えと)=(イコール)十二支(じゅうにし)だと誤った理解をしておりました。当時、上の方と干支の話題で話していたとき、「君の言う干支は十二支のことだよ。厳密に言うと支(えと)とは、十干(じっかん)と 十二支(じゅうにし)を 組み合わせたものを言うんだよ。60年に一度まわってくるものが干支で、これが一巡するから60歳を還暦と言うんだよ」との丁寧なお教え。全くもって十干(じっかん)のことは認識しておらず、何故「干支」と書くかも考えてもいなかったわけですね。

閑話休題・・・さて、「丁酉」については、いろいろ調べてみると、丁「ひのと」は、草木の形が充実した状態で、まだまだ伸び盛りを表すとのこと。方や「酉」は、草木の果実が成熟しきった状態とのこと。両方をあわせつつ、都合よく解釈すれば、今年はこれまでの取り組みが成果となってあらわれる年ということなのでしょうか。明るい将来像が実現するよう、中国経産局としても全力を尽くしていきたいと思います。

我が国経済は、アベノミクスの成果もあり、この4年間で名目GDPが44兆円増加するなど、好循環のサイクルが着実に回り始めているように思います。今後、この好循環を加速させ、さらに全国津々浦々で実感できるようにするためにも、地域経済における企業などの稼ぐ力の強化が重要です。

地域の資源・魅力を活用することで新たな収益機会を地域の内外に創出しようとする新たな試み、具体的には、(1)医療機器、航空機、新素材等の先端ものづくり分野への進出、(2)農林水産業・食品などに、より高い付加価値を与えることで収益力を増加、(3)第四次産業革命(IOT、AI、ビックデータ活用)を取り入れることで生産性を上げ、競争力を強化、(4)インバウンド観光・スポーツ産業のビジネス展開、(5)ヘルスケア・教育関連サービスなど、市場の成長性が高い上に、大都市圏でなくても、いやむしろ地方圏でこそビジネスチャンスが見込まれる事業などの試みがはじまりつつあります。これらの新分野ビジネスに果敢に挑戦する地域の中核企業の活性化こそが、今後の日本経済を支える切り札の1つになるものと期待されます。

こうした未来指向型のビジネスを成功させるためにも、中国経産局も一丸となって尽力していきたいと考えております。

最後になりましたが、年頭にあたり、新しい年が皆様にとって飛躍の年となりますよう祈念いたしますとともに、経済産業行政へのさらなるご支援とご協力をお願いします。


発行/ 中国経済産業局 広報担当参事官
TEL:082-224-5618 FAX:082-224-5640
Website:http://www.chugoku.meti.go.jp/
E-mail :chugoku-mail@meti.go.jp

広告