サービス等生産性向上IT導入支援事業補助事業者の二次募集、他(中国経済産業局-4/5-)

■□       中国経済産業局メールマガジン      □■
『METI CHUGOKU TIMES』 No.813/2017.4.5

いつも中国経済産業局メールマガジンを愛読いただきありがとうございます。
中国地域における経済産業省施策を中心に、各種イベント、補助金の公募、説明会などの最新情報を、いち早くお届けします。
広く情報を発信したいと願っていますので、お知り合いの方々にぜひご案内ください。
chugoku-mail@meti.go.jp

◆ Twitterからも情報を発信しています。是非フォローをお願いします。
https://twitter.com/meti_Chugoku

▼公募
【01】サービス等生産性向上IT導入支援事業補助事業者の二次募集
https://www.it-hojo.jp/

▼お知らせ
【01】高濃度PCB廃棄物の最も早い処理期限まで、残り1年!
http://www.chugoku.meti.go.jp/topics/kankyo_recycle/170331.html

【02】事業承継税制の窓口が都道府県に変更となりました
http://www.chugoku.meti.go.jp/policy/seisaku/chusho/sb_financial-assistance.html

【03】平成28年度「新・ダイバーシティ経営企業100選」受賞企業を決定
http://www.chugoku.meti.go.jp/topics/jinzai/170329.html

【04】航空機部品産業における生産管理・品質保証ガイドブックを作成しました
http://www.chugoku.meti.go.jp/topics/automobile/170403.html

【05】中国経済産業局の「特許室」は「知的財産室」に変わります
http://www.meti.go.jp/press/2016/03/20170324003/20170324003.html

▼関係団体等からの情報提供
□01 決算書に頼らない!事業性評価に基づく融資対策講座
http://www.hiroshimacci.or.jp/training/seminar/2017yushitaisaku/


▼チャレンジ応援団メール
■ そこがミソ!
応援団長【局長 波留 静哉】
先月、「やすり」の製造会社を訪問させて頂きました。同社のある呉市仁方地区は、「やすり」メーカーが集積した地域で、国内生産量の95%を生産しているとのことでした。

製造工程を拝見させて頂くと、「やすり」のひとつひとつの目は、その数だけ、たがねを打ち込んで作られていきます。職人さんが目視で「やすり」の目を確認しながら、機械を操作して打ち込んでおられました。かつては、伝統的手法である「手切り」といわれる「たがね」を槌で一目ずつ打ち込む方法で作っておられたとのこと。かなり精緻な作業を強いられるものもあったようです。

そもそもなぜ「やすり」というのか、その語源は「鏃(やじり)を摩る(する)」ものとして「やする」が変化して「やすり」になったという説や、きれいに磨くという意味の「弥磨(いやすり)」から「やすり」になったとする説などがあるとのお話でした。因みに広島の工業品である「はり」や「きり」といった「安芸十り(あきじゅうり)」の一つにも数えられております。

昔ながらの「やすり」の製造工程では、摩訶不思議な工程があります。なんでも「やすり」の焼入れの際「味噌」を塗って乾燥させてから焼き入れを行っていたとのこと(現在、同社では行っておられないとのことでしたが・・・)。何かの「おまじない」かと思いきや、ちゃんと科学的な理由があるとのことでした。

「やすり」を加熱して水で冷やす際、表面が水蒸気で覆われることになります。蒸気膜が断熱の働きをすることから、焼入れが不完全になり、結果「やすり」が切れなくなるとのこと。そのため、味噌を塗布し、「やすり」が水蒸気に囲まれることなく、均一に冷却されることで完全焼入れができるのだそうです。また、味噌をつけることで、刃先から炭素(硬くするため最も必要な元素らしい・・・)が逃げたりすることも防ぐことができるとのことで、先人の考えがいつの時でも奥深いことが実感されます。

ただ、なにも「味噌」でなくてもいいような気もしますが、「味噌をつける(失敗して評判を落とす)」ことが無いように味噌をつける・・・まさに「そこがミソ!」ということなのでしょうか。


発行/ 中国経済産業局 広報担当参事官
TEL:082-224-5618 FAX:082-224-5640
Website:http://www.chugoku.meti.go.jp/
E-mail :chugoku-mail@meti.go.jp

広告