Eメールサービス6月号を配信しました。

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※
因島商工会議所
TEL 0845-22-2211 FAX 0845-22-6033
mailto: info@cci.in-no-shima.jp (代表)
※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

clip_image002
★★★★★補助金や地域の様々な情報を随時更新しています★★★★★

ぜひ当所のホームページもご覧ください!!
ホームページ http://cci.in-no-shima.jp
また、Facebook・Twitterでも情報をお届けしています!!
Facebook http://www.facebook.com/inshoko
Twitter
https://twitter.com/innoshima_cci
はっさくんオフィシャルサイト
http://cci.in-no-shima.jp/hassakun/

◆◆◆◆ 本日の内容 ◆◆◆◆

<因島商工会議所情報>
1. 業務スキルアップセミナーのご案内【6/12(月)】
<融資、補助金、助成金関係>
2. IT導入補助金(サービス等生産性向上IT導入支援事業)の2次公募
3. 中小企業向け最低賃金引上げ支援「業務改善助成金」への申請
<各地講演会等のお知らせ>
4. ひろしまIT総合展2017への出展者募集【〆切~6/30】
5. 中小企業イノベーション促進支援事業[チーム型支援]の対象者募集【随時受付】
6. 広島ブランドショップ「TAU」を活用したテストマーケティングの実施
7. 広島県労働基準協会尾道支部からのお知らせ
<地域関係>
8. 村上海賊発信拠点にする因島観光協会 岡野憲明専務理事に聞く
9. 当所村上会頭が旭日小綬章受章

◆因島商工会議所及び関連会議等スケジュール◆

=================================

1. 業務スキルアップセミナーのご案内【6/12(月)】「ちょっとできる人」がやっている仕事のコツ!
~「がんばってるね!」と褒められる仕事のやり方…教えます!~

<日時>平成29年6月12日(月)19:00~21:00
<場所>因島商工会議所 4階ホール
<定員>40名(先着順)※但し非会員3,000円
≪申込方法・申込み先≫下記申込用紙に必要事項をご記入のうえ、FAXまたはTELにてお申込みください。
clip_image003

PDFデータはこちらから
http://cci.in-no-shima.jp/pdf/20170612.pdf

~マナー以上!やりすぎ未満のヒントが満載!~
どんな仕事にも、上手に進める「コツ」が潜んでいます。

自分なり工夫を重ねていけば、仕事がサクサクはかどり、周囲とのやりとりもスムーズになります。きっと知らないうちに、仕事が楽しくなっているはずです。そこで本セミナーでは、そんな仕事の「コツ」をわかりやすく伝授いたします。新入社員をはじめ、若手・中堅社員そして、駆け出しビジネスマンに最適なセミナーです。是非、この機会に皆様多数のご参加をお待ちしております。【講師紹介】
clip_image004
葉ppiness(ハピネス)代表 井上 幸葉(いのうえこうよう)氏

1972年、京都生まれ。企業研修講師。地域密着の廃棄物の 企業に勤め、社長秘書、女性管理職、受付から経理分析も担当してきたsuper事務員。研修では日常の中の課題を抽出し解決会議を研修に取り入れるのを得意とする。

2015年7月初書籍 「ちょっとできる人」 がやっている仕事のコツ50(同文館出版)を出版しAmazon総合1位に輝く。

近年では企業の教育サポート、講演などでも活動。簡単なコツで仕事はもっと楽しくなる“ゴキゲン仕事術”で社員も社長もお客様も講師も、四方がゴキゲン研修。2016年、「葉ppiness」を設立。

★お問い合わせ
因島商工会議所
〒722-2323 広島県尾道市因島土生町1762-38
TEL 0845-22-2211 FAX 0845-22-6033

=================================

2. IT導入補助金(サービス等生産性向上IT導入支援事業)の2次公募

■本事業は、国際的な経済社会情勢の変化に対応し、足腰の強い経済を構築するため、自社の置かれた環境から強み・弱みを認識、分析し、生産性の向上に資する要素として「ITの利活用」を設定した上で、こうしたITツール(ソフトウエア、サービス等)を導入しようとする事業者に対して、その事業費等の経費の一部を補助することにより、中小企業・小規模事業者等の経営力向上を図ることを目的としています。

■補助対象者  日本国内に本社及び事業所を有する中小企業者等。

■補助対象費目
IT導入支援事業者が、あらかじめ事務局の承認を受け、事務局のHPに補助対象サービスとして公開されたITツール(ソフトウエア、サービス等)が対象。

■補助上限・下限、補助率
◇補助率 2/3以内
◇補助上限額・下限額 上限額:100万円 下限額:20万円

■IT導入支援事業者
ITツールの登録を行いつつ、補助事業者に代わり申請等を行う者として、事務局に申請し登録された者を「IT導入支援事業者」とします。

■公募期間 平成29年3月31日(金)~6月30日(金)17時

詳細 → https://www.it-hojo.jp/

★お問い合わせ
サービス等生産性向上IT導入支援事業 コールセンター
TEL:0570-013-330

=================================

3. 中小企業向け最低賃金引上げ支援「業務改善助成金」への申請

■厚生労働省です、中小企業・小規模事業者の生産性向上を支援し、事業場内で最も低い賃金(事業場内最低賃金)の引上げを図るための本制度を拡充しました。

生産性向上のための設備投資(機械設備、POSシステム等の導入)などを行い、本制度では、事業場内最低賃金を一定額以上引き上げた場合、その設備投資などにかかった費用の一部を助成します。

■支給対象者
全国47都道府県に事業場を設置しており、事業場内最低賃金が800円未満から、1,000円未満の中小企業・小規模事業者が対象。

■支給要件
(1)賃金引上計画を策定すること
事業場内最低賃金を一定額以上引き上げる(就業規則等に規定)
(2)引上げ後の賃金額を支払うこと
(3)生産性向上に資する機器・設備などを導入することにより業務改善を行い、その費用を支払うこと
(4)解雇、賃金引下げ等の不交付事由がないこと など

■助成額

申請コースごとに定める引上げ額以上、事業場内最低賃金を引き上げた場合、生産性向上のための設備投資等にかかった費用に助成率を乗じて算出した額を助成(50万円~200万円)

■申請先  広島労働局雇用環境・均等室 TEL:082-221-9247

詳細 → http://www.mhlw.go.jp/gyomukaizen

★お問い合わせ
広島県最低賃金総合相談支援センター
TEL:0120-73-0610

=================================

4. ひろしまIT総合展2017への出展者募集【〆切~6/30】

■本年10月「ITが切り拓く私たちの未来」をテーマとして、本IT総合展を開催する運びとなりました。この展示会は、2年に一度開催する「西日本最大級のIT総合展示会」です。これまで昭和62年度から平成27年度までに延べ15回実施されてきたその実績とノウハウを集大成し、IT分野の様々な先端技術や魅力的サービスを多くの来場者に紹介するとともに、出展企業とユーザをつなぐ場を提供します。是非この機会に貴社のご出展をご検討ください。

【開催概要】
■名 称  ひろしまIT総合展2017
■テーマ  ITが切り拓く私たちの未来
■会 期  平成29年10月25日(水)~27日(金)(3日間)
午前10時~午後5時(最終日は午後4時まで)
■会 場  <展示・セミナー>
広島県立広島産業会館西展示館(広島市南区比治山本町16-31)
<基調講演・セミナー>
広島市南区民文化センター(広島市南区比治山本町16-27)
■来場予定 2万人
■総合展の特徴
◇150ブース超の大規模IT展示ゾーン ◇西日本最大規模の集客力
◇夏野剛氏(慶應義塾大学 特別招聘教授/「iモード」の仕掛け人)による基調講演
◇著名な講師陣による10の魅力的なカンファレンス(講演会)
◇出展者による多彩なプレゼンテーションセミナー20コース
◇行政・公益団体が主催する非営利事業
■出展料  1小間:200,000円(税別)
■申込期限 平成26年6月30日

詳細 → http://www.hia.or.jp/expo/index.html

★お問い合わせ・お申込み先
「ひろしまIT総合展2017」事務局((一社)広島県情報産業協会内)
TEL:082-242-7408 FAX:082-242-0668 mailto:expo-jim@hia.or.jp

=================================

5.中小企業イノベーション促進支援事業[チーム型支援]の対象者募集【随時受付】

■ひろしま産業振興機構では、広島県内の意欲ある中小企業をトップレベルのプロフェッショナル達による御社のための支援チームを作り、「売れる商品・儲かるしくみ」を生み出すための支援を行います。

■こんな方に!!
◇新商品を開発したが、どこに、誰に、どんな方法で売っていけばいいのか!
◇今ある商品をもっと売るためにブランド化して、全国・海外のお客様にもっと知ってもらいたい!
◇新商品を作ったが、他社や大手に真似されないためにどうしたらいいのか!
◇商品をもっと効率よく作りたい、価格を下げて競争力をつけたい!

■申込用件
(1)広島県内の中小企業であること。
(2)中小企業代表者のほか、開発・営業部署等の専任の担当者も事業に参画できる体制を整えられること。
(3)営業・販売促進費用等の事業を推進する上で、実費相当負担が可能であること。
(4)上記のほか、次の事項について、原則、満たしていること。
○原理確認が終了した試作品、または完成した製品について、新たな市場参入等、成長意欲を有すること。
○原価管理,生産管理等の手法を用いて経営改善の意欲があること。

詳細 → https://www.hiwave.or.jp/purpose1/development/team/

★お問い合わせ
公益財団法人ひろしま産業振興機構
中小企業・ベンチャー総合支援センター (編集:池田 修)
TEL:082-240-7701 FAX:082-249-3232

=================================

6. 広島ブランドショップ「TAU」を活用したテストマーケティングの実施

■県産品の首都圏を中心とした販路拡大を図るため、広島ブランドショップ「TAU」を活用し、産品に対するお客様や専門家の意見を、県内事業者にフィードバックするテストマーケティングを実施します。

■実施方法
◇広島ブランドショップ「TAU」にテストマーケティングコーナーを設置し、月替わりで,対象に選定した県産品を販売し,消費者ヒアリングなどを行います。
◇当コーナーにおける1か月間の販売終了後,消費者ヒアリングなどを基に産品の評価を行い,専門家のアドバイスを含めた結果を県内事業者にお返しします。

■テストマーケティングの概要
(1)コーナー名称:「今月の逸品」
(2)設置期間  :通年(毎月10商品程度を入れ替え)
(3)設置場所  :広島ブランドショップ「TAU」1階
(4)対象の県産品
◇対象商品(食品)
TAUでの商品取扱を希望し、消費者ヒアリングなどの商品評価のフィードバックを希望する商品から選定したもの
◇TAUでの取扱いについて
通常の取扱と同様に、原則委託販売で、手数料率については、原則30%を基本とし、運営事業者と調整する。

■申込期限 申込書等の提出期限 販売月前月10日まで(目安)

■申込  <商品取扱申込書・商品サンプル提出先>

詳細 → http://www.tau-hiroshima.jp/handling-index

★お問い合わせ
広島ブランドショップ「TAU」
「運営事業者:㈱鞆スコレ・コーポレーション(担当:村上・松村)」
TEL:03-5579-9952 mailto:04eb1254@gmail.com

<全般のお問合せ>
広島県 商工労働局ひろしまブランド推進課ブランド推進グループ
TEL:082-513-3441 mailto:syobrand@pref.hiroshima.lg.jp

=================================

7. 広島県労働基準協会尾道支部からのお知らせ

■平成29年7月までの各種講習会の日程をご案内いたします。

詳細 → https://inshoko.wordpress.com/2017/04/27/01-618/

★お問い合わせ・お申込み先
広島県労働基準協会尾道支部
TEL:0848-22-3432 FAX:0848-22-3444

=================================

8.村上海賊発信拠点にする 因島観光協会 岡野憲明専務理事に聞く

■昨年4月、「村上海賊」のストーリーが日本遺産に認定された。以降、尾道市と今治市において様々な取り組みが始められた。そうした中での因島地域の役割について、一般社団法人因島観光協会専務理事の岡野憲明さんに話を聞いた。

因島中庄町の因島水軍城は、日本遺産の情報発信を行う施設(村上海賊日本遺産ビジターセンター)としての整備が急速に進んでいる。

日本遺産認定をきっかけに水軍城への来場者が明らかに増加している。最低を記録した、平成22年度の1万7206人に対して、28年度は4万938人へと倍増した。来場者の内訳は、「旅行途中に立寄った」という人が43%、「日本遺産になったから」が40%を占めた。外国人客も年間400人になった。この数は益々増えると予測される。

来場者の急増に対応し今年3月、大型展示解説パネル(ジオラマ)が設置された。3Dカラープリントを使い、向島、因島百島、岩子島、細島、生口島の6島の立体模型を、また液晶モニターからは村上海賊のプロモーションビデオを見ることができる。新しい看板が設置され、入場チケットも一新。日本語・英語・仏語・韓国語・中国語(2種類)による新パンフレット計12万部、ポスター1万2000枚、ステッカー2万枚が作成された。新しい幟も数多く準備されている。

また、靴を履いたままの入場や、休憩所と土産物売り場の充実が検討されている。

「日本遺産『村上海賊』発信基地としての因島の役割を担いたい。そして、その構成文化財を担う地域の方々とともに連携し、一体となって盛り上げていきたい」と岡野専務理事は語気を強める。国内外に村上海賊の実像を知ってもらいたいと語る。

この努力は日本遺産認定の前からすでに始まっていた。切れ目のない特別企画展の実施、団体客向けのハンドマイクによる展示品の説明、かき氷販売、自動販売機設置、旅行会社への礼状などおもてなしの充実を図ってきた。これには、「地元の人々にも、水軍城への愛着を強めてもらい、水軍城があって良かったと言ってもらいたい」という想いが込められている。

駐車場改装が完了

因島観光協会が指定管理者として運営している、市営長崎駐車場の全面改装が3月末に完了した。一台ごとの駐車スペースを広くし車椅子のまま入れるようエレベーターを大きくした。防犯カメラの新設、壁と床の塗り替えを行い、建物全体の塗装も新しくした。フェリー待合室が新設され、洋式トイレも導入された。今後も、土生港の市営中央駐車場とともに利用者の要望に応えていく。

【出典】「せとうちタイムズ(web)」 4/29記事

=================================

9. 当所 村上会頭が旭日小綬章受章 

■村上祐司因島商工会議所会頭(72)が旭日小綬章を受章した。

村上会頭は、「周りの皆さんのバックアップのお陰と感謝している。これを励みに懸案の事業に取り組む」と決意を新たにしました。

因の島ガス(株)代表取締役社長、因島商工会議所会頭、(一社)因島観光協会会長、社会福祉法人若葉理事長、社会福祉法人あおかげ理事長。

1.商工会議所を強化することで地元経済の発展、中小企業情報化推進、地域活性化、中心市街地活性化に取り組んできた。
2.地元観光事業発展に寄与
3.都市ガス事業の基盤整備と天然ガス化事業
4.医療福祉事業の推進
5.因島水軍まつりへの貢献

【出典】「せとうちタイムズ(web)」 5/13記事

=================================

◆因島商工会議所及び関連会議等スケジュール◆
<当所関係>
6/1       広島県内商工会議所調査担当者会議
6/1       因島商工会議所監事会
6/11      簿記検定試験
6/12      小売商業関係部会長懇談会
6/12      評価システムヒアリング
6/12      業務スキルアップセミナー
6/15      小規模事業研究会
6/16~17    議員総会、議員・参与視察研修会
6/20      広島県商工会議所連合会総会
<関連関係>
6/12      尾道間税会役員会・通常総会
6/13      尾道特別支援学校しまなみ分校ミーティング

=================================

広告