研究開発助成金公募(第1回)、他(中国経済産業局-3/28-)

■□    中国経済産業局メールマガジン   □■
『METI CHUGOKU TIMES』 No.858/2018.3.28

いつも中国経済産業局メールマガジンを愛読いただきありがとうございます。
中国地域における経済産業省施策を中心に、各種イベント、補助金の公募、説明会などの最新情報を、いち早くお届けします。
広く情報を発信したいと願っていますので、お知り合いの方々にぜひご案内ください。
chugoku-mail@meti.go.jp

◆ Twitterからも情報を発信しています。是非フォローをお願いします。
https://twitter.com/meti_Chugoku

▼公募
【01】平成30年度戦略的基盤技術高度化支援事業(サポイン事業)の公募
http://www.chugoku.meti.go.jp/koubo/indus_tech/180316.html

【02】平成29年度補正及び平成30年度「JAPANブランド育成支援事業」の公募
http://www.chugoku.meti.go.jp/koubo/kokusai/180327.html

▼関係団体等からの情報提供
□01 研究開発助成金公募(第1回)
http://www.mutech.or.jp/subsidy/

□02 平成30年度A-STEP機能検証フェーズ(旧:地域産学バリュープログラム)の公募
http://www.jst.go.jp/mp/koubo.html


▼チャレンジ応援団メール
■地域経済分析システム(RESAS:リーサス)活用のすすめ
応援団員【企画調査課長 森分 幸雄】
RESAS(リーサス)は地域経済に関する官民の様々なビッグデータを、グラフ化することなどで、わかりやすく「見える化」しているシステムです。

各地域が自らの強み・弱みや課題を分析し、解決策を検討することを「後押し」するためのツールとして、平成27年4月にリリースされ、3年がたちます。

この間、内容の充実が図られ、マップと呼ばれるメニューの数は25から81へと3倍以上に拡充されました。また、平成29年度上半期の閲覧回数は451万回となり、前年同期比で3割増となるなど、調査分析や政策立案のツールとして幅広く活用されています。

また、本年度は、「地方創生☆政策アイデアコンテスト2017」において、応募総数975件のうち10組だけが進める最終審査会に中国管内から3組が選ばれ、内2組が高校生・中学生以下の部、大学生以上一般の部それぞれで優秀賞を獲得しました。また、全国から102作品の応募があった「第2回RESASアプリコンテスト」でもファイナリスト10組に管内から1組が残るなど、中国管内の応募者がめざましい活躍をされました。

当局はこれまで、地方公共団体、地方議会、商工団体、教育機関等からのご要望にお応えし、直接現地に出向いてRESASの使い方等を紹介させていただく、「出前講座」を本年度は19回実施するなど、普及活動を行ってきました。

この度、こうした普及活動の一層の強化を図ることを目的として、当局ホームページ掲載内容を全面的に刷新し、より多くの方々にご利用いただけるように工夫しました。

紙幅の都合上、2点だけ、少し説明をさせていただきます。

まず1点目として、「出前講座」のお申し込みをホームページから簡単にできるように改善しました。

2点目として、RESASの優良活用事例を紹介するページを作りました。出前講座の場で、「RESASを活用して、どういったことが分析できるのか、わかりやすく、事例を紹介して欲しい」というご要望が多く寄せられておりましたので、これからRESASを活用される方にご参考になるように、わかりやすく、一枚紙にとりまとめております。この事例については、今後も増やしていく予定です。

まずはRESASにアクセスしてみてください。搭載されている多くのデータの中から、今まで気づかなかった興味深い情報を見つけることができるかもしれません。また、アイデア立案のヒントにつながるかもしれませんね。

○当局のWEBサイトはこちら↓
http://www.chugoku.meti.go.jp/policy/seisaku/sousei/p6041sub.html


発行/ 中国経済産業局 広報担当参事官
TEL:082-224-5618 FAX:082-224-5640
Website:http://www.chugoku.meti.go.jp/
E-mail :chugoku-mail@meti.go.jp

広告