平成29年度補正予算「サービス等生産性向上IT導入支援事業」の公募、他(中国経済産業局-4/25-)

■□     中国経済産業局メールマガジン    □■
『METI CHUGOKU TIMES』 No.862/2018.4.25

いつも中国経済産業局メールマガジンを愛読いただきありがとうございます。
中国地域における経済産業省施策を中心に、各種イベント、補助金の公募、説明会などの最新情報を、いち早くお届けします。
広く情報を発信したいと願っていますので、お知り合いの方々にぜひご案内ください。
chugoku-mail@meti.go.jp

◆ Twitterからも情報を発信しています。是非フォローをお願いします。
https://twitter.com/meti_Chugoku

▼公募
【01】平成29年度補正予算「サービス等生産性向上IT導入支援事業」の公募
http://www.chugoku.meti.go.jp/koubo/ryutsu/180420.html

▼イベント
【01】宇宙産業政策パッケージ説明会
http://www.chugoku.meti.go.jp/event/chiikikeizai/180419.html

【02】平成30年度地域の特性を活かしたエネルギーの地産地消促進
事業費補助金(再生可能エネルギー熱事業者支援事業)の公募説明会
https://sii.or.jp/re_energy30/

▼お知らせ
【01】中小企業向けのIT/IoT導入検討手順書を作成しました
http://www.chugoku.meti.go.jp/research/info_health/180322.html

▼関係団体等からの情報提供
□01 エネルギー管理士受験準備短期集中講座
https://www.eccj.or.jp/s_lecture/local-info/2018-chugoku.pdf

□02 省エネルギー技術講座
https://www.eccj.or.jp/education/tech/pdf/chu/180523.pdf

□03 2018年「超モノづくり部品大賞」の募集
https://www.cho-monodzukuri.jp/award/index.html

□04 2018年度公害防止管理者等国家試験受検講習会
http://www.e-jemai.jp/qualification/workshop.html

□05 エンジョイ・セミナーin広島
http://www.enaa.or.jp/seminar/32964

□06 平成30年度ものづくり講演会
http://kuressc.or.jp/index.php/seminarevent/monodukuri/20180523/

□07 「人材と競争政策に関する検討会」報告書に関する説明会
http://www.jftc.go.jp/cprc/conference/jinzaisetsumeikai.html


▼チャレンジ応援団メール
■地域未来牽引企業サミットが開催されました
応援団員【産業部長 向井 裕】
去る4月14日に経済産業省が福島県会津若松市で開催した「地域未来牽引企業サミットin会津若松」に参加しました。

地域未来牽引企業とは、地域の特性を活かして高い付加価値を創出し、地域の事業者等に対する経済的波及効果を及ぼすことにより地域の経済成長を力強く牽引すること、または、今後取り組まれることが期待される企業で、昨年12月に、ものづくり、第四次産業革命関連、農林水産、地域商社、観光、スポーツ、まちづくり等多様な領域から全国で2,148社、中国地域では207社が選定されています。経済産業省では、予算、税制、金融、規制緩和などの政策手段を総動員して重点的に支援することとしており、各経済産業局に「地域未来投資促進室」を設置し、都道府県別の担当者である「地域未来コンシェルジュ」を配置しています。

当局でも中国5県ごとの「地域未来コンシェルジュ」を配置し、ワンストップで企業からの相談、問い合わせ等に対応しております。

サミットは、全国の地域未来牽引企業が地域を超えた連携を促すことにより新商品開発や販路開拓に繋げることを目的に開催され、初の開催となる今回のサミットには、全国の地域未来牽引企業代表者や産業支援機関関係者など約1,000人にご出席いただき、地域未来牽引企業選定の意義に関する基調講演や産業支援機関の支援施策等を聴講いただきました。

また、併せて認定証授与式も挙行され、各県代表企業に世耕経済産業大臣から認定証が授与されるとともに、参加企業と世耕経済産業大臣との記念撮影が行われました。会場を移して開催された第2部の交流会には、約350名の選定企業等の皆様が参加され、遠隔地の企業と積極的に交流を深めておられました。このサミットを契機として地域の垣根を超え連携による新たなビジネスが生まれることが期待されます。

会津若松市には、広島からは郡山まで新幹線、郡山から会津若松まで磐越西線を利用して7時間少々の旅程となりますが、磐越西線の車窓からは雪の残る磐梯山などの雄大な自然を望むことができ、また、滞在期間中はちょうど桜が満開時期と重なり、市内全体がサクラ色に染まっており、観光客も多く見受けられました。会津若松市は歴史情緒にあふれた城下町で東日本大震災の影響は全く感じられませんでした。機会があればプライベートで再度訪問し、鶴ヶ城などの市内の歴史的な史跡や磐梯山や猪苗代湖をゆっくりと周ってみたいと思っています。

○地域未来牽引企業(経済産業省のHPより)
http://www.meti.go.jp/policy/sme_chiiki/chiiki_kenin_kigyou/index.html


発行/ 中国経済産業局 広報担当参事官
TEL:082-224-5618 FAX:082-224-5640
Website:http://www.chugoku.meti.go.jp/
E-mail :chugoku-mail@meti.go.jp

広告