平成29年度補正サービス等生産性向上IT導入支援事業(IT導入補助金)の三次公募、他(中国経済産業局-9/26-)

■□       中国経済産業局メールマガジン      □■
『METI CHUGOKU TIMES』 No.881/2018.9.26

いつも中国経済産業局メールマガジンを愛読いただきありがとうございます。

中国地域における経済産業省施策を中心に、各種イベント、補助金の公募、説明会などの最新情報を、いち早くお届けします。
広く情報を発信したいと願っていますので、お知り合いの方々にぜひご案内ください。
chugoku-mail@meti.go.jp

▼公募
【01】平成29年度補正サービス等生産性向上IT導入支援事業(IT導入補助金)の三次公募
http://www.chugoku.meti.go.jp/koubo/ryutsu/180420.html

▼イベント
【01】平成30年度「下請取引適正化推進講習会」
http://www.chugoku.meti.go.jp/event/chusho/180921.html

【02】女性活用研修会
http://www.chugoku.meti.go.jp/event/jinzai/180921.html

【03】第15回エコロジーマーケット「環ッハッハinよしじま」への出展
http://www.chugoku.meti.go.jp/event/kankyo_recycle/180926.html

▼お知らせ
【01】被災企業の人材確保を支援します!
http://www.chugoku.meti.go.jp/event/jinzai/180911.html

▼関係団体等からの情報提供
□01 平成30年度 KANSEI 感性 サロン
https://crirc.jp/data/event/2018/09/1002/

□02 フレキシブル・エレクトロニクス技術セミナー
https://crirc.jp/data/event/2018/09/977/

□03 第7回食品産業生産性向上フォーラムin広島(再掲)
http://robo-navi.com/foodforum/forum_181001.html


▼チャレンジ応援団メール
■身近になる宇宙
応援団員【総務課長 中山 光治】
「宇宙兄弟」というマンガをご存じでしょうか。宇宙にあこがれる南波兄弟が宇宙飛行士となり活躍する物語です。超人的な能力と体力が必要な宇宙飛行士に挑戦する姿や月面での数々の困難に立ち向かいチームで解決する場面は感動します。

今、宇宙ビジネスに世界から熱い視線が注がれています。シリコンバレーの最新の注目は「宇宙」と言われているそうで、日本でも堀江貴文氏が出資するベンチャー企業のロケット打ち上げやソフトバンクの米国の人工衛星ベンチャーへの投資等の話題もニュースとなっています。将来、衛星通信を利用したインターネットの接続が身近になると、災害時などには大いに役立つことでしょう。

ちなみに世界の宇宙産業の市場規模は右肩上がりで、2014年は2,030億ドルとか。内訳は衛星製造、打ち上げサービスもありますが、半分は衛星テレビや通信といった衛星サービスです。衛星も小型化、低廉化しており各国も競って打ち上げています。今後は衛星の打ち上げ数が急激に増加し、同一地点を1日に何回も撮影する衛星コンステレーション(星団)化が進むようです。こうなると衛星データの利用が拡大し新たなビジネスが生まれてきます。既に農業では宇宙から作物の出来具合を監視するとか、先物取引では世界の石油タンクを分析して世界中の石油の備蓄量を推計するビジネスがあるそうです。山口県と山口大学ではJAXAと協定し、衛星データを地域防災に役立てる取組も始まっています。

今後は政府の衛星データのオープン化とフリー化も検討さてれおり、新たなビジネスの創出が期待されています。

最新のMETI Journalの特集は「身近になる宇宙」です。是非、ご覧下さい。

○最新のMETI Journal
https://meti-journal.jp/
○「宇宙兄弟」の公式サイト
https://koyamachuya.com/


発行/ 中国経済産業局 広報担当参事官
TEL:082-224-5618 FAX:082-224-5640
Website:http://www.chugoku.meti.go.jp/
E-mail :chugoku-mail@meti.go.jp

広告