広島母港に7港で公演決定【海事プレス-3/1-】

3月1日発行「日刊海事プレス」に、ジャパンマリンユナイテッド(JMU)についての記事が掲載されています。

《P10掲載記事転記》

広島母港に7港で公演決定
■STU48号、今春に完成

瀬戸内地域で活動するアイドルグループ、STU48の専用劇場となる船上劇場“STU48号”の瀬戸内7県における公演開催予定地が決定した。広島港(広島県)を母港とし、神戸港(兵庫県)、宇野港(岡山県)、下関港(山口県)、高松港(香川県)、徳島小松島港(徳島県)、愛媛県(開催地調整中)で公演を行う。今後、開催予定地は増える可能性もある。
“STU48号”は現在、ジャパンマリンユナイテッド(JMU)因島工場で、船上劇場へと改造工事を行っており、今春の完成を目指している。船名はファン投票で決定し、メンバー2人が船名を塗装した。
STU48は、瀬戸内海を主とした船上劇場というスタイルで活動するAKBグループ初の試みが詰まったグループとして2017年3月に誕生。国土交通省が推進する、海と船の魅力を幅広く広める「C to Seaプロジェクト」のアンバサダーにも任命されている。

20190301

広告