改元に伴う情報システム改修等への対応について説明会のご案内、他【中国経済産業局-3/13-】

■□  中国経済産業局メールマガジン   □■
『METI CHUGOKU TIMES』 No.903/2019.3.13

いつも中国経済産業局メールマガジンを愛読いただきありがとうございます。
中国地域における経済産業省施策を中心に、各種イベント、補助金の公募、説明会などの最新情報を、いち早くお届けします。広く情報を発信したいと願っていますので、お知り合いの方々にぜひご案内ください。
chugoku-mail@meti.go.jp

◆「平成30年7月豪雨関連情報」を開設しました。被災された皆様に関連する様々な情報をお知らせします。http://www.chugoku.meti.go.jp/disaster/h3007gouu/index.html

◆Twitterからも情報を発信しています。是非フォローをお願いします。
https://twitter.com/meti_Chugoku

◆オープンカウンターによる調達情報はありません。なお、調達情報があればこちらに掲載されます。
https://www.p-portal.go.jp/pps-web-biz/UZA01/OZA0101

▼イベント
【01】「キャッシュレス・消費者還元事業」等に係る支援機関向け説明会https://www.chugoku.meti.go.jp/event/ryutsu/190227_2.html

【02】平成30年度補正予算災害時にも再生可能エネルギーを供給力として稼動可能とするための蓄電池等補助金公募説明会
http://www.chugoku.meti.go.jp/event/shinene/190308.html

【03】地域新電力応援セミナー(再掲)
http://www.chugoku.meti.go.jp/event/denryoku/190201.html

【04】改元に伴う情報システム改修等への対応について説明会(再掲)http://www.chugoku.meti.go.jp/info/press/2019/190221.pdf

▼お知らせ
【01】「平成30年度中国地域中小企業(地域資源・食品分野)の海外展開に係るブランド構築支援事業」報告書http://www.chugoku.meti.go.jp/research/kokusai/190307.html

▼関係団体等からの情報提供
□01安心安全な職場づくりを実現するためのコンプライアンス基礎講座https://www.hiroshimacci.or.jp/training/business_school/20190423/


▼チャレンジ応援団メール
■太陽光発電の自家消費等に役立つ蓄電池
応援団員【資源エネルギー環境課長 村上 俊浩】

先日、数年ぶりに、東京ビッグサイトのスマートエネルギーweek2019に参加してきました。再生可能エネルギーを中心とする展示内容のなかで、太陽光発電のエリアは相変わらずの広さを占めていましたが、調達価格の下落傾向を反映してか、中国や韓国など海外のパネルメーカー等が数多く出展していました。多くのブースで目を引いたのは、「卒FIT」、「2019年問題」、「自家消費」といったキーワードであり、固定価格での買取期間が今年11月以降順次、満了する、いわゆる「2019年問題」を目前に控えて、関心の高まりが感じられました。
このことについては、資源エネルギー庁でも「どうする?ソーラー」という専用サイトを開設していますが、対応策としては、自家消費するか相対・自由契約での売電を選択することが可能となります。電力会社等から、4月~6月にかけて卒FIT電力の買収価格が公表されるとともに、今後、いろいろな企業等から様々なサービスが提案されることが予想されます。
その中で、注目されているものの一つが蓄電池です。昼間に発電して、電気製品などの電力に使用しつつ、余った電力を蓄電池に貯めて夜間に使用することにより、太陽光発電でまかなう電力を増やすことができます。災害時にも威力を発揮する蓄電池の補助金が事業者及び家庭向けに用意されていますので、ご活用願います。


発行/ 中国経済産業局 広報担当参事官
TEL:082-224-5618 FAX:082-224-5640
Website:http://www.chugoku.meti.go.jp/
E-mail :chugoku-mail@meti.go.jp

広告