三和ドック、新設の本社別館がニューオフィス賞【海事プレス-8/6-】

8月6日発行「日刊海事プレス」に、三和ドックについての記事が掲載されています。

《P7掲載記事転記》

新設の本社別館がニューオフィス賞
■三和ドック、休憩スペースなどで働く環境作り

三和ドックは5日、昨年末に完成した本社ビル別館が「日経ニューオフィス賞」の中国経済産業局長賞に選出されたと発表した。社員や協力会社など現場で働く人が誰でも利用できる施設として、食堂や休憩室などを設けた。「働き方改革」の一環として、現場を支える人の労働環境づくりを進める姿勢が評価されたようだ。
本社ビル別館は、大食堂「さんわ食堂」や、サービスエンジニアが利用できる更衣室兼執務室、仮眠ベッドを設置した休息スペースなどからなり、女性専用の更衣室と個室タイプのシャワールームなども完備した。「Craftsmen’s Base(クラフトマンたちの基地)」と銘打って、三和ドックの現場作業員だけでなく協力会社従業員や社外メーカーのサービスエンジニア、船員、来客者など現場で働く人全員が利用できる施設とし、皆が一堂に会して効率的・効果的にコミュニケーションを取れる設計とした。
三和ドックは2016年に新本社ビルを建設しており、これに続いて隣接する旧本社跡地に別館を昨年末に完成した。日本経済新聞社とニューオフィス推進協会が主催する日経ニューオフィス賞では、17年度に本社ビルで「中国ニューオフィス推進賞」を受賞しており、今回は本社ビルと別館との相乗効果を評価されて「中国経済産業局長賞」を受賞した。

sanwa

広告