「令和元年12月・令和2年1月産業保健研修会」のご案内【広島県労働基準協会尾道支部】

広島県労働基準協会尾道支部から『令和元年12月・令和2年1月の産業保健研修会』の案内がありましたのでご紹介いたします。

★研修番号:H1203
研修日時:令和元年12月3日(火) 14:00~15:30
研修会場:備後地域地場産業振興センター 2F(福山市東深津町3-2-13)
定員:20名
テーマ:生活習慣病予防対策(シリーズ③睡眠編)
内容:健康診断の結果、いわゆる生活習慣病に関する有所見率がどこの職場も高く、なかなか改善されない実情の中で、健康管理の基本である3本柱(食事・運動・休養(睡眠)について、シリーズで学びながら、社員が主体的に健康行動を起こすためにはどういう教育が効果的か学びます(その1:食事編)
講師:尾原 寿子  産業保健相談員(保健指導)
受講料:無料

★研修番号:H1216
研修日時:令和元年12月16日(月) 14:00~15:30
研修会場:備後地域地場産業振興センター(福山市東深津町3-2-13)
定員:20名
テーマ:メンタルヘルス不調者の職場復帰支援
内容:メンタルヘルス不調で求職した者の職場復帰は多職種で対応する必要がある。とりわけ産業保健師と産業医の協働での支援の役割は大きい。メンタルヘルス不調者として最も多いうつ病に対する理解を深め、休職から始まり職場復帰後までの支援を考えたい。
講師:山崎 正数  産業保健相談員(メンタルヘルス)
受講料:無料

★研修番号:A1225
研修日時:令和元年12月25日(水) 14:00~15:30
研修会場:福山商工会議所 304号室(福山市西町2-10-1)
定員:30名
テーマ:労働者派遣法の読替規定による労働安全衛生法の措置義務の派遣先・派遣元の責任分担について
内容:労働安全衛生法の措置義務主体の多くは事業者です。しかしながら労働者派遣法の読替規定により、事業者の責任が派遣事業者・派遣元事業者に分担されており、その責任範囲の詳細について、条文の具体的な読み方を通じて学びましょう。
対象者:産業医研修ですが、産業保健師・衛生管理者・人事労務担当者も受講可能です。
講師:中村 貴紀  広島産業保健総合支援センター副所長
受講料:無料

★研修番号:D0121
研修日時:令和2年1月21日(火) 14:00~15:30
研修会場:福山商工会議所 304号室(福山市西町2-10-1)
定員:20名
テーマ:労働安全衛生法の各種基準からみる衛生委員会運営上の問題点
内容:平成30年労働安全衛生調査(実態調査)結果から、安全衛生委員会等でメンタルヘルス対策について調査審議をしている労働者50人以上の事業場の割合は51.2%と低水準でした。衛生委員会の活動の活性化のため、労働安全衛生法の基準に則った衛生委員会の運営方法について解説します。
講師:中村 貴紀  広島産業保健総合支援センター副所長
受講料:無料

《研修会申込について》
広島産業保健総合支援センター
広島市中区基町11-13 合人社広島紙屋町アネクス5階
TEL:082-224-1361

受講をご希望の方は、ホームページ「研修情報」から申し込みをしてください。
HP:https://www.hiroshimas.johas.go.jp/sanpo/training


公益社団法人 広島県労働基準協会尾道支部
〒722-0002  尾道市古浜町27-284  尾道市糸崎港湾福祉センター202
TEL:0848-22-3432  FAX:0848-22-3444
E-mail:onokyo100@hirokenk.or.jp
U R L : http://www.hirokenk.or.jp