経営安定セミナー「真・地方創生」開催【3/20(火)】

■全国民が豊かになる地方創生策とは何なのか?

講師に各種メディアへの出演、全呼応各地での講演などに活躍されている三橋貴明氏をお迎えします!
この貴重な機会にぜひご参加ください!

講演会チラシ(一般用)
PDFデータはこちらから
http://cci.in-no-shima.jp/pdf/20180320.pdf

<日  時> 平成30年3月20日(火)18時~19時30分
<場  所>芸予文化情報センター(因島図書館) 多目的ホール
尾道市因島土生町100-4
<受 講 料>無料(定員250名)
<申込方法>上記参加申込書にてFAX又は電話にてお申込み願います。メールでお申込みの方は(kouen@cci.in-no-shima.jp)へお申込みください。参加申込書(FAX 0845-22-6033)因島商工会議所(℡0845-22-2211)

【講師】
株式会社経世論研究所 所長
三 橋 貴 明 氏
<プロフィール>
東京都立大学(現:首都大学東京)経済学部卒業。外資系IT企業、NEC、日本IBMなどを経て2008年に中小企業診断士として独立、三橋貴明診断士事務所(現、㈱経世論研究所)を設立。 2007年、インターネット上の公表データから韓国経済の実態を分析し、内容をまとめた『本当はヤバイ!韓国経済』(彩図社)がベストセラーとなる。
ブログ『新世紀のビッグブラザーへ』の一日のアクセスユーザー数は12万人を超え、 2017年12月現在、人気ブログランキングの「総合部門」1位、「政治部門」1位である。単行本執筆と同時に、雑誌への連載・寄稿、各種メディアへの出演、全国各地での講演などに活躍している。
著書:『財務省が日本を滅ぼす』『全国民が豊かになる 最強の地方創生』等


【お問合せ】
因島商工会議所
TEL:0845-22-2211 FAX:0845-22-6033

広告

経済講演会『笑う門には福来たる』【2/9(金)】

会社内、取引先または知人と上手くコミュニケーションが取れていますか?

コミュニケーションの主流となっているメールでの会話では、相手の真意を掴み取ることはできません。より良い人間関係を築くためには、対面して会話することが大事です。

そこで今回は山陽放送の現役アナウンサーの石田好伸氏から、人前で話すこと、ユーモアを交えながらコミュニケーションすることのポイントについてわかりやすく解説していただきます。

また講演の中で、JRN・JNN系列アノンシスト賞テレビ読み・ナレーション部門で石田氏が優秀賞を受賞された平成27年度と平成28年度の作品を一部ご覧いただき、2作品の表現の違いから読み取れる話し方のヒントについて、またラジオ番組で取材した企業経営者の成功事例等も盛り込みながらお話しいただきます。

是非、この機会にご参加いただきますようご案内申し上げます。
20180209-1
PDFデータはこちらから
http://cci.in-no-shima.jp/pdf/20180209.pdf

◇日 時◇ 平成29年2月9日(金)午後3時30分~
◇場 所◇ 因島商工会議所 4階ホール
◇受講料◇ 無料(非会員は3,000円)
◇定 員◇ 40名(定員になり次第締め切らせていただきます)
◇共 催◇ 因島商工会議所
◇申 込◇ 申込書にご記入のうえFAX又は、お電話でお申し込みください。
因島商工会議所TEL 22-2211 FAX 22-6033

【講師プロフィール】 石 田 好 伸 氏(因島出身)
山陽放送株式会社(RSK)報道制作局 局長代理
《略歴》
昭和56年 岡山大学法学部法学科卒業。山陽放送㈱へ入社
TVキャスター、ラジオ番組のパーソナリティーや公的イベントの総合司会を務められるなど、ご活躍されております。
現在の担当番組 テレビ:RSK地域スペシャル「メッセージ」ナレーター
ラジオ:「せとうち企業セレクション」ナビゲーター等


★お問合せ・お申込み
因島商工会議所
TEL:0845- 22-2211 FAX:0845-22-6033

日本遺産シンポジウム『村上海賊の食文化創造』【12/17(日)】

日本遺産に認定された『“日本最大の海賊”の本拠地:芸予諸島-よみがえる村上海賊“Murakami KAIZOKU”の記憶-』の魅力を、国内外に発信していくためのシンポジウムです。日本遺産「村上海賊」及び当地域を連想させる魅力的な料理及びデザートの食文化を創造し、食を通して、観光客の誘客や地域の活性化につなげることを考えます。
チラシ両面最終-1 チラシ両面最終-2

PDFデータはこちらから→http://cci.in-no-shima.jp/pdf/20171217.pdf

<日時>平成29年12月17日(日)13:30~16:10(開場12:30)
<場所>因島市民会館(広島県尾道市因島土生町88-1)

アトラクションとして、因島村上水軍陣太鼓、来島水郡狼火太鼓、能島水軍太鼓、跳楽舞の披露があります!!
入場無料・申込不要ですので、ぜひみなさんお越しください!!

【お問合せ】
尾道市企画財務部文化振興課
TEL:0848-20-7425

絵本作家カザ敬子さん講演会&サイン会開催【2/26(日)】

 カザ敬子さん(旧姓田中さん)は因島田熊町出身で、カリフォルニア州立大学を卒業し、アメリカインディアナ州ブルーミントンに在住。アメリカ人のご主人と2人の息子さんを育て上げ、絵本作家として活躍中。
 福山市中央図書館では、移動図書館車にカザさんの絵本の1場面がプリントされ、市民の皆さんに親しまれています。このたび、因島図書館では講演会と原画展の同時開催をします。
 カザさんの絵本には幼少期を過ごした因島田熊町での体験が表現され、ウィットに富んだちょっぴり辛口の内容がアメリカの子ども達に大人気で、多くの賞を受賞されています。講演会では絵本が出版されるまでの様子もお話しいただき、新作絵本の販売やサイン会もします。
 カザ敬子さんご本人に会える機会はあまりありませんので、是非ご来場いただきたいと思います。
 原画展では絵本「ラッ キーラッキー」の原画ほか24点の展示をします。繊細な筆のタッチと優しくカラフルな色合いをお楽しみください。

【カザ敬子さん講演会&サイン会】
日時:平成29年2月26日(日)13:30~15:00
場所:因島図書館多目的ホール(芸予文化情報センター)
定員:150名(申込不要)
演題:『絵本の中の子どもの私』~子ども時代を過ごした因島の思い出と絵本が出版されるまで

<カザ敬子さんプロフィール>
1951年因島生まれ。田熊小、日比崎小、日比崎中、尾道北高、東京の短大を経て、カリフォルニア州立大学グラフィックデザイン科卒業。現在、アメリカを拠点に絵本作家として活躍中。これまでに出版さた作品は十数か国語に翻訳されている。主な作品に「おおかみのチキンシチュー」 「とらくんとぼく」  「わらっちゃだめジョー!」など (尾道市立図書館所蔵)。2月に 22冊目の作品「ゆうくんのくまパジャマ」が講談社より発売予定。
0226kaza
PDFデータはこちらから
http://cci.in-no-shima.jp/pdf/0226kasza.pdf


★お問合せ
尾道市立因島図書館
TEL:0845-22-8660

第12回文化遺産パートナー養成講座開催【2/5(日)】

平成28年4月に日本遺産に認定されましたストーリー「“日本最大の海賊”の本拠地:芸予諸島-よみがえる村上海賊“Murakami KAIZOKU”の記憶-」について、特に、因島村上氏の瀬戸内海での活躍について、その研究の第一人者、山内譲先生が解説されます。
山内先生は村上海賊魅力発信推進協議会会長として、各地で講演会をされ、海の領主:村上海賊の魅力を紹介されています。
このたび、因島図書館共催で芸予文化情報センター多目的ホールにて講演されます。是非、ご来場ください。

第12回文化遺産パートナー養成講座
『海賊衆因島村上氏の海域支配』
日時:平成29年2月5日(日)13:00~14:30(開場12:00)
場所:芸予文化情報センター多目的ホール(尾道市因島土生町100番地4)
講師:山内 譲 氏(松山大学教授 村上海賊魅力発信推進協議会会長)
入場無料:事前申込み不要
0205kaizoku
PDFデータはこちらから
http://cci.in-no-shima.jp/pdf/0205bunkaisan.pdf


★お問合せ
村上海賊魅力発信推進協議会
尾道市企画財務部文化振興課
尾道市久保一丁目15-1尾道市役所
TEL:0848-20-7492