「8月・9月広島県東部地区会場の産業保健研修会」のご案内【広島県労働基準協会尾道支部】

広島県労働基準協会尾道支部から『8月・9月広島県東部地区会場の産業保健研修会』の案内がありましたのでご紹介いたします。

★研修番号:A0717
研修日時:2019年7月17日(水) 14:00~15:30
研修会場:福山商工会議所101号室(福山市西町2-10-1)
定員:50名
テーマ:事業場における労働者の健康情報等の取扱規程について
内容:労働者の心身の状態に関する情報の適正な取扱いのために事業者が講すべき措置に関する指針により、事業者が策定すべき取扱規程の内容、策定方法、運用等について、手引きを参照しながら解説します。
講師:中村 貴紀 氏(広島産業保健総合支援センター 副所長)
対象者:産業医研修ですが、産業保健師・衛生管理者・人事労務担当者も受講可能です。
受講料:無料

★研修番号:D0805
研修日時:2019年8月5日(月) 15:00~16:30
研修会場:福山市商工会議所304号室(福山市西町2-10-1)
定員:20名
テーマ:労働災害防止計画における両立支援の取組について
内容:第13次労働災害防止計画の重点事項である疾病を抱える労働者の健康確保対策の推進について説明します。特に、治療と職業生活の両立支援のためのガイドライン及び支援体制の整備について説明します。
講師:谷本 安弘 氏(産業保健相談員(労働衛生法令))
対象者:産業保健師、衛生管理者、労務担当者向け
受講料:無料

★研修番号:A0912
研修日時:2019年9月12日(木) 15:00~16:30
研修会場:備後地域地場産業振興センター(福山市東深津3-2-13)
定員:50名
テーマ:治療と仕事の両立支援(産業保健スタッフ向け)
内容:治療と仕事の両立支援について、①背景、②厚労省ガイドラインのポイント、③産業保健スタッフの役割および医療機関との連携方法、④企業事例紹介、⑤ディスカッションを通じた課題と対応策、等について講義とワークショップを通じて学ぶ。
講師:木谷 宏 氏(産業保健相談員(両立支援担当))
対象者:産業医研修ですが、産業保健師、衛生管理者、人事労務担当者も受講可能です。
受講料:無料

★研修番号:A0926
研修日時:2019年9月26日(木) 15:00~16:30
研修会場:備後地域地場産業振興センター(福山市東深津3-2-13)
定員:50名
テーマ:労働衛生保護具の適正な取り扱いについて
内容:有害ガス・粉じん・ヒュームが存在する環境下で作業することを求められるが、その際使用する呼吸用保護具の性能と取扱いについて研修する。
講師:大西 修三 氏(産業保健相談員(労働衛生工学))
対象者:産業医研修ですが、衛生管理者も受講可能です。
受講料:無料

■詳しくはこちら(PDF) ⇒ http://cci.in-no-shima.jp/pdf/tobu_kensyu8_9.pdf

《研修会 申込について》
広島産業保健総合支援センター
広島市中区基町11-13 合人社広島紙屋町アネクス5階
TEL:082-224-1361

受講をご希望の方は、ホームページ「研修情報」から申し込みをしてください。
HP:http://www.hiroshimas.johas.go.jp


公益社団法人 広島県労働基準協会尾道支部
〒722-0002  尾道市古浜町27-284  尾道糸崎港湾福祉センター202
TEL:0848-22-3432 FAX:0848-22-3444
E-mail:onokyo100@hirokenk.or.jp
U R L : http://www.hirokenk.or.jp

広告

「事業継続力強化計画」策定支援に関するハンズオン・ワークショップ開催のご案内【中国経済産業局】

中国経済産業局より「事業継続力強化計画」策定支援に関するハンズオン・ワークショップ開催について案内がありましたのでお知らせいたします。

近年大規模な自然災害が相次いでおり、防災・減災に係る事前対策の取組が重要となっています。
このため、中小企業庁は、防災・減災に取り組む中小企業が策定した「事業継続力強化計画」を経済産業大臣が認定する制度を立ち上げます。
中小企業が『事業継続力強化計画』を申請し、認定を受けると、
◆防災・減災設備税制優遇、各種補助金優先採択、低利融資等が受けられます
◆リスクを認識し、対策を計画している企業であることをアピールできます
そこで、本事業では「事業継続力強化計画」策定をサポートするため、個別支援(単独型・連携型)実施及び、ワークショップを開催することといたしました。
自社での防災・減災対策や「事業継続力強化計画」策定にあたり、専門家のサポートを必要とされる企業のご担当者様はぜひご参加ください。

※事業継続力強化計画とは
中小企業者が、災害時の初動対応(社内安否確認や被害状況把握等)、防災・減災関連の設備投資等の事前対策に加えて、実効性を確保するための計画に基づく定期的な訓練、従業員向けの研修、計画自体の見直しなどを盛り込んだ計画です。

(1)ハンズオン支援について(公募期間:6月20日(木)~7月12日(金))
公的認定制度に基づく、単独の事業者における「事業継続力強化計画」の策定を検討している事業者、または複数の事業者が連携して「連携事業継続力強化計画」の策定を検討している事業者の方々を支援するため、外部専門家を派遣して、計画の策定を支援します。
(予算額を超える応募がある場合は、公募要領に基づき支援先を決定します。)

(2)ワークショップの開催 ※開催日・会場は以下ワークショップ応募画面で確認願います。
(応募期間:6月20日(木)~会場毎に定員に達し次第締め切ります。)
公的認定制度に基づく、計画策定を支援するため、47都道府県で各1回ずつワークショップを開催(東京・大阪・名古屋は2回)し、計画の策定方法等について説明します。

○ハンズオン支援、ワークショップの概要・応募について
https://www.chusho.meti.go.jp/keiei/antei/2019/190620kobetsushien.htm
http://www.deloitte.com/jp/kyoujinka

○事業継続力強化計画の概要について
https://www.chusho.meti.go.jp/keiei/antei/bousai/keizokuryoku.htm

【問い合わせ先】
○事業継続力強化について
中小企業庁事業環境部経営安定対策室
TEL:03-3501-0459(担当:山口、景、新井)

○ハンズオン支援・ワークショップについて
中小企業強靭化対策事業事務局
TEL:03-6213-2400

(受付時間は平日の9:30~17:30)


経済産業省中国経済産業局
地域経済部地域経済課
総括係 田中 隆羽
〒730-8531
広島市中区上八丁堀6番30号
TEL:082-224-5684  FAX:082-224-5765
e-mail: tanaka-ryuki@meti.go.jp<mailto:tanaka-ryuki@meti.go.jp

復興応援イベント2019in尾道【7/6(土)開催】

“尾道からエール!海沿い縁日”

1年前、西日本豪雨災害により故郷尾道を含む近隣地域で甚大な被害がありました。
そんな中、尾道の複数の団体がこれまで被災地支援で繋がりのあった東日本大震災の被災地でもある気仙沼、亘理町、また熊本地震の被災地である益城町からも多くのご支援を頂きました。
被災地の皆さんのお話を交え、西日本豪雨災害から1年の今改めて、地域のこと、防災の事を考えてみましょう。
また同時に各地域の名物を味わいながら、楽しみながら縁を結んでもらいたいと考えています。
これまで安全と言われてきた場所であったが、またいつ同じような、むしろもっと大きな災害が起こるか分かりません。
1年前の災害を通し経験したことを踏まえ、今後どんな知識や備えが必要か、またこれから先の未来に何を残していけるかを一緒に考えられる時間を作ります。

尾道復興エール

【第1部】
10:00~11:30
グリーンヒルホテル尾道2階 ハーバーラウンジ

《講演会》
『日常の中の防災』
被災地から講師の方をお迎えし、当時の事やこれまでの歩みなどのお話を交え、衣食住に関連した問題と対策を防災士の方と共に話し合います。
平成30年7月豪雨から1年の今改めて、ご自身の住む町の防災を考えてみませんか?
また防災士、消防の方に避難場所の確認、災害時の備え・対処法等についてお話をしていただきます。

《講師》
社会福祉法人キングスガーデン宮城  理事長 佐藤 由美子 氏(宮城 気仙沼)
特別養護老人ホームひろやす荘  生活相談課長 楠田 幸司 氏(熊本 益城町)

【第2部】
11:45~15:00
尾道駅前広場

《BBQ》
気仙沼ホルモン
熊本馬肉
熊本あか牛

《屋台コーナー》
尾道ラーメン
広島風お好み焼き(尾道焼き・府中焼き)
瀬戸内レモンサワー
日本酒 男山
その他

※売り上げの一部を平成30年7月豪雨災害義援金にさせていただきます。

《ステージイベント》
・栗原北小学校作文
・スタジオPickダンス
・尾道北高等学校書道パフォーマンス
・因島村上水軍陣太鼓
・LIVE
池永憲彦  井上フヂヲ  鈴木あい  秋休  松瀬一昭

その他、防災関連グッズの展示や、因島イメージキャラクター『はっさくん』他もやってきます!!

名札付きはっさくん
■詳しくは https://umizoiennichi.wixsite.com/nanaroku (主催:海沿い縁日実行委員会)

軽減税率対策補助金のご案内【中小機構】

消費税軽減税率制度の実施に伴い対応が必要となる中小企業・小規模事業者に対して、複数税率対応レジや券売機の導入や改修、受発注システム、請求書管理システムの改修等に要する経費の一部を補助することにより、導入等の準備が円滑に進むよう支援する制度です。

keigen_hojyo1

keigen_hojyo2

keigen_hojyo3

keigen_hojyo4

■詳しくは → http://kzt-hojo.jp/?utm_source=google&utm_medium=cpc


【お問い合わせ】
軽減税率対策補助金事務局 申請窓口
フリーダイヤル: 0120-398-111
TEL: 0570-081-222
IP電話からの問い合わせ先: 03-6627-1317

「おみやげグランプリ2020」出品募集のご案内【〆切-8/30- 観光庁】

日本商工会議所地域振興部より「おみやげグランプリ2020」出品募集の案内がありましたのでお知らせいたします。

観光庁では、日本のおみやげを通して日本の魅力を海外に伝え、日本への来訪を促進することを目的に、「魅力ある日本のおみやげコンテスト」事業を2004年度から9回開催してきました。
2014年度からは、民間の視点を取り入れた新しい発想のもとに、斬新なコンテストとして発展させるため、本事業を継続実施する意欲のある民間事業者や団体を公募の上、継続事業者として「ふるさと祭り東京実行委員会」を選定し、島外実行委員会が魅力ある日本のおみやげコンテストをリニューアルし、「おみやげグランプリ」として継続実施しています。
このたび、継続事業者である「ふるさと祭り東京実行委員会」が、コンテストの出品募集を開始いたしましたので、お知らせします。なお、受賞商品は、「ふるさと祭り東京2020(於:東京ドーム)」の会場内で、展示・販売をするとともに併せて表彰式を実施する予定です。

お土産GP-1

◆ふるさと祭り東京2020 開催概要◆
【名称】
ふるさと祭り東京2020 -日本のまつり・故郷の味-

【開催期間】
2020年1月10日(金)~1月19日(日) 10日間
10日(金)~18日(土) 10:00~21:00
19日(日) 10:00~18:00

【会場】
東京ドーム
〒112-8575
東京都文京区後楽1-3-61

【申込期限】
2019年8月30日(金)必着

【詳細情報】
■特別企画 おみやげグランプリ2020
https://www.tokyo-dome.co.jp/furusato/exhibitor/omiyage/

■おみやげグランプリ2020出品案内
http://www.mlit.go.jp/common/001292148.pdf

■おみやげグランプリ2020募集用紙(PDF)
http://cci.in-no-shima.jp/pdf/omiya_oubo.pdf

【主催】
ふるさと祭り東京実行委員会((株)フジテレビジョン、(株)文化放送、(株)東京ドーム)

【応募・問合せ先】
ふるさと祭り東京実行委員会事務局
〒112-8575
東京都文京区後楽1-3-61
(株)東京ドーム内
担当:源田・北原
TEL:03-3817-6362  FAX:03-3817-6238
E-mail:omiyage@gms.tokyo-dome.co.jp


観光庁観光資源課
〒100-8918
東京都千代田区霞ヶ関2-12
直通:03-5253-8925  FAX:03-5253-8930