内海造船、4~6月期黒字転換

8月3日発行「日刊海事プレス」に、内海造船株式会社についての記事が掲載されています。

《P8掲載記事転記》

■新造船1隻受注

 内海造船が2日発表した2017年4~6月期の連結経常損益は1億円の黒字(前年同期は2億7000万円の赤字)だった。円安に伴う為替差益などの影響もあり、黒字に転換した。通期業績も従来予想を据え置き、黒字を見込む。また、期中に新造船を1隻受注した。

 4~6月期の売上高は5%減の75億円、営業利益は2.5倍の1億1000万円、最終損益は9700万円の黒字(前年同期は2億8000万円の赤字)だった。前年同期に為替差損を計上していたが、円安に伴って為替差益に転じており、経常損益や最終損益が黒字に転換した。

 新造船は期中に3席を引き渡し、1隻を受注した。受注残高は新造船14隻などで437億円となった。

 今期の通期業績は、売上高が前期比1%減の305億円、営業利益が9%減の5億円、経常利益は14%増の3億5000万円、純利益は8%増の3億円を見込む。

20170803

ハローワーク(他)からのお知らせ【8月-9月】

ハローワーク尾道または尾道市による就職応援情報です。

一日若者しごと館(8/17【木】・9/7【木】・21【木】12:30~16:30)【要予約】

  • 場所/尾道市市民会館
  • 内容/就職等に悩みを持つ若者向け相談。職業適性診断など
  • 問合せ先/商工課(tel 0848-38-9183)

尾道しごと館(夜間相談)【要予約】

  • 内容/就職・転職等に悩みをも持つ人の相談。職業適性診断など
  • ●尾道会場 (8/17【木】・9/7【木】・21【木】18:00~19:50)
    • 場所/尾道市市民会館
    • 問合せ先/商工課(tel 0848-38-9183)
  • ●因島会場 (8/15【火】・9/19【火】16:30~19:20)
    • 場所/因島総合支所
    • 問合せ先/因島しまおこし課(tel 0845-26-6212)

因島一日職業相談会(8/16【水】・9/20【水】10:00~15:00)

  • 場所/因島総合支所
  • 問合せ先/ハローワーク尾道(tel 0848-23-8609)

就職支援セミナー

  • 場所
    • ①ハローワーク尾道(月2回)お問合せ下さい。
    • ②因島市民会館(月1回)お問合せ下さい。
  • 内容/応募書類作成・面接対策・実践コースなど
  • 問合せ先/ハローワーク尾道(tel 0848-23-8609)

モノづくり企業のためのセルフブランディング講座の受講生募集、他(ひろしま産振講-8/10-)

ひろしま産振構からの知っ得情報【17/08/10号】
https://www.hiwave.or.jp/organization/sangakukan/mailmagazine/

「ひろしま産業振興機構」より、広島県内を中心とする公募イベント・講演会・助成金等のご案内など役立つ情報をいち早く皆様にお届けさせていただきます。

【★!イチ押し情報!★】
①モノづくり企業のためのセルフブランディング講座の受講生募集【〆切~8/15】
~商品開発や販路開拓に必要な、企業の基盤づくりができる講座~
■詳細情報 https://www.hiwave.or.jp/event/12439/

②マッチングフォーラムの案内【開催8/24】
~柔軟素材のロボットシステムの実現と力制御技術を利用した装置の開発~
■詳細情報 https://www.hiwave.or.jp/event/12929/

③HDIセンター 第2回オープニングセミナーの案内【開催8/25】
■詳細情報 https://www.hiwave.or.jp/event/13016/

④広島県よろず支援拠点 出張相談会の案内【開催8/17・9/7(福山)】
~企業経営上のあらゆるお悩みの相談に対応します~
【広島県福山庁舎】
■詳細情報 https://www.hiwave.or.jp/event/12433/
【もみじ銀行 福山支店】
■詳細情報 https://www.hiwave.or.jp/event/12643/

⑤中小企業等外国出願支援事業の公募(第2回)【〆切~9/11】
~外国への事業展開等をお考えの中小企業者等の外国出願を応援!!~
■詳細情報 https://www.hiwave.or.jp/news/12858/

【★新着:イベント等!★】
⑥特別講演会「前川製作所におけるアグリビジネスの展開について」の案内【開催8/21】>New!<
■詳細情報 https://www.hiroshima-u.ac.jp/iagcc/news/40878

⑦広島大学新技術説明会2017 in 広島の案内【開催8/21】>New!<
■詳細情報 https://www.hiroshima-u.ac.jp/iagcc/news/40870

■発行:公益財団法人ひろしま産業振興機構  https://www.hiwave.or.jp/

中小企業・ベンチャー総合支援センター (編集:池田 修)

〒730-0052 広島市中区千田町三丁目7番47号

TEL:082-240-7701 FAX:082-249-3232 mailto:ikeda@hiwave.or.jp

⑧備後次世代創業経営塾「若手起業家ぶっちゃけトークイベント」の案内【開催8/31(福山)】>New!<
■詳細情報 https://www.hiwave.or.jp/event/13039/

⑨海外販路拡大セミナー「東南アジアにおけるビジネス拡大のポイント」の案内【開催9/4(福山)・9/5(広島)】>New!<
■詳細情報 http://www.hirogin.co.jp/ir/news/paper/news170804-1.pdf

⑩生涯現役社会の実現を考えるシンポジウムの案内【開催9/6】>New!<
■詳細情報 https://www.hiwave.or.jp/event/12983/

⑪事業承継セミナーの案内【開催9/6(東広島)】>New!<
■詳細情報 https://www.hiwave.or.jp/event/13073/

⑫産業創出講演会の案内【開催9/12】>New!<
~航空機産業参入について-意義、覚悟、方策を中心に~
■詳細情報 http://ciicz.jp/event/29091112-kouen.html


■発行:公益財団法人ひろしま産業振興機構  https://www.hiwave.or.jp/
中小企業・ベンチャー総合支援センター (編集:池田 修)
〒730-0052 広島市中区千田町三丁目7番47号
TEL:082-240-7701 FAX:082-249-3232 mailto:ikeda@hiwave.or.jp

第16回ビジネスフェア中四国2018出展者募集、他(中国経済産業局-8/9-)

■□   中国経済産業局メールマガジン    □■
『METI CHUGOKU TIMES』 No.830/2017.8.9

いつも中国経済産業局メールマガジンを愛読いただきありがとうご ざいます。
中国地域における経済産業省施策を中心に、各種イベント、補助金 の公募、説明会などの最新情報を、いち早くお届けします。
広く情報を発信したいと願っていますので、お知り合いの方々にぜ ひご案内ください。
chugoku-mail@meti.go.jp

◆ Twitterからも情報を発信しています。是非フォローをお願いし ます。
https://twitter.com/meti_Chugoku

▼イベント
【01】「中小企業等の省エネ機器導入促進マッチングセミナーin広島」における省エネ機器・設備発表企業の募集
http://www.chugoku.meti.go.jp/koubo/enetai/170728.html

【02】平成29年度第2回電子デバイス事業化フォーラム
http://ciicz.jp/event/290902-fpd2.html

【03】地域企業の経営課題を解決する多様な働き方セミナーin米子
http://www.chugoku.meti.go.jp/event/jinzai/170724.html

▼関係団体等からの情報提供
□01 デザイン研究会セミナー「広島大学とつくるデザイン」
http://www.collabosquare.com/news/5053/

□02 電気工事作業指揮者安全教育講習会
http://www.jea-chugoku.jp/koushu/index.html

□03 省エネルギー技術講座「空気圧縮機の省エネ改善」
https://www.eccj.or.jp/education/tech/pdf/chu/170914.pdf

□04 第16回ビジネスフェア中四国2018出展者募集
http://www.city.hiroshima.lg.jp/keizai/conv/fair/index.html

□05 WIT2017
http://workwomen-it.jp/

□06 平成29年度広島品質工学研究会第2回講演会
http://www.itc.city.hiroshima.jp/kenkyukai/h290920-hinshitsu.html

□07 岡山発情報通信シンポジウム
http://isec.ec.okayama-u.ac.jp/60thAnnivSymp/index.html


▼チャレンジ応援団メール
■ふるさと名物応援宣言
応援団員【産業部長 小滝 義昭】
ふるさと名物応援宣言とは、平成27年8月の地域資源法の改正により新しく出来た制度で、市町村が地域を挙げてふるさと名物を応援することで、地域ブランドを育て、その売上や雇用を拡大させることにより地域経済の好循環を図るものです。

中国地方ではこれまで14の市町村で応援宣言を行っており、私も熊野町、松江市、井原市の応援宣言のイベントに参加させていただきましたが、熊野町は熊野筆、松江市は松江の歴史と文化、井原市は井原デニムを応援するもので、いずれも日本だけではなく世界に誇れるもので、いずれのイベントも地元の皆様の熱意と期待が伝わって来るものでした。

先日、「宿場町矢掛の街並み観光」を昨年3月に応援宣言した矢掛町を訪れる機会がありました。矢掛町は、旧山陽道の宿場町として栄え、全国で唯一本陣と脇本陣が共に国の重要文化財として指定されており、江戸末期には天璋院篤姫も泊まられたという本陣を中心とした約800メートルの街並みは今でも当時の面影をそのまま残しております。11月の第2日曜日に行われる大名行列は3万人以上の観客が訪れ、当時の絢爛豪華な姿そのままに行われていると聞いています。

近年では,古民家を活用した施設整備を進め、景観の保全と賑わいの創出に取り組んでおり、訪問した矢掛屋も古民家を改装し、古き日本の良さを残した間取りの異なる客室を有する宿泊施設として再生させ、海外からの観光客の誘致にも力を入れているとのことでした。本館の川沿いの道路周辺の開発も予定されているとのことで、今後の発展が楽しみになります。矢掛の名物であるゆべしを堪能しながら街並みを散策するのも矢掛町の魅力のひとつではないかと思います。

当局では、昨年度、日本の歴史や文化に精通している外国人の視点で地域の観光サービスを評価する「外国人アドバイザー活用事業」を実施し、公募により矢掛町もモデル地域のひとつに選定しましたが、矢掛町の課題としては、行政が音頭をとった統一的な英語看板様式の作成、商店や観光施設の概観や入りやすさへの工夫、食べ歩きメニューの充実などがあげられました。今後の矢掛町の更なる発展のためにはこうした指摘も参考にして改善に取り組んでいくことが必要です。

今後、ふるさと名物応援宣言を多くの市町村が行うことを期待するとともに、当局としてもそれを最大限支援して地域の活性化に繋げていきたいと思います。


発行/ 中国経済産業局 広報担当参事官
TEL:082-224-5618 FAX:082-224-5640
Website:http://www.chugoku.meti.go.jp/
E-mail :chugoku-mail@meti.go.jp