新型コロナウイルス感染症で影響を受ける事業者の皆様向け支援パンフレットが更新されました(5/28-18時更新)

新型コロナウイルス感染症で影響を受ける事業者の皆様がご活用いただける支援策の最新パンフレットが更新されました。

経済産業省HPに「事業者向け支援策パンフレット」が掲載されております。
パンフレットにつきましては、随時内容が更新されますので、定期的に情報をご確認ください。

最新パンフレットはこちらから
https://www.meti.go.jp/covid-19/pdf/pamphlet.pdf

《新型コロナウイルス感染症事業者向け支援策パンレット》
■経済産業省 https://www.meti.go.jp/covid-19/

Eメールサービス6号を配信しました

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※
因島商工会議所
TEL 0845-22-2211 FAX 0845-22-6033
mailto: info@cci.in-no-shima.jp (代表)
※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

clip_image002
★★★★★補助金や地域の様々な情報を随時更新しています★★★★★

ぜひ当所のホームページもご覧ください!!
ホームページ http://cci.in-no-shima.jp
また、Facebook・Twitterでも情報をお届けしています!!
Facebook http://www.facebook.com/inshoko
Twitter https://twitter.com/innoshima_cci
はっさくんオフィシャルサイト http://cci.in-no-shima.jp/hassakun/

◆◆◆◆ 本日の内容 ◆◆◆◆

<因島商工会議所情報>
1.「新型コロナウイルスに関する経営相談窓口」の設置について【因島商工会議所】
2.「働き方改革」因島出張個別相談会のご案内
3.「持続化給付金」の申請サポート会場の因島会場開設について
<融資、補助金、助成金関係>
4.小規模事業者 持続化補助金
5.マスク等個人防護具開発支援事業補助金の公募【随時受付】
6.テイクアウト・デリバリー参入促進事業開始のお知らせ
<各地講演会等のお知らせ>
7.広島県よろず支援拠点(テレワーク導入の考え方と補助金活用)セミナーの案内【開催6/4】
8.身近な企業&改革のプロから学ぶ!働き方改革実践セミナーの参加者を募集します!(無料:県内10会場)
9.在宅勤務等にも役立つICTツール活用支援セミナー開催及び導入までのフォロー)の案内【6/23開催~6/18〆】
10.新型コロナウイルス感染症対応マニュアル策定支援【〆切~6/30】
<地域関係>
11.初夏の訪れ因島の除虫菊 いま満開咲き誇る
12.因島ライオンズクラブ 除菌・抗菌剤寄贈

◆因島商工会議所及び関連会議等スケジュール◆

===============================================

1.「新型コロナウイルスに関する経営相談窓口」の設置について【因島商工会議所】

 

■今般の新型コロナウイルスの流行により、影響を受けるまたは、その恐れがある中小企業・小規模事業者を対象として、以下の通り相談窓口を設置します。お気軽にご相談ください。

(1)経営相談窓口名
「新型コロナウイルスに関する経営相談窓口」

(2)設置日:2020年1月29日(水)~

■因島商工会議所では、新型コロナウイルス感染症拡大が原因で、経営に影響を受けている、又は、今後影響が懸念される会員事業所の皆様に向けて、各支援制度や相談会等の情報を発信するため、LINE公式アカウントを開設しました。

このアカウントでは、各種支援制度等の情報を発信するほかに、新型コロナウイルス感染症拡大防止のためテイクアウトやデリバリーのサービスを強化している、或いは新たにサービスを始められた飲食店等を応援するため、「因島テイクアウトグルメ」の情報も発信いたします。下記QRコードまたはURL、ID検索から登録をお願いします。

clip_image004

 

clip_image005

LINE公式アカウント開設しました

========================================

2.「働き方改革」因島出張個別相談会のご案内

 

■働き方改革関連法案が2019年4月から施行されました!対応はお済ですか?
「広島働き方改革推進支援センター」より派遣される社会保険労務士等が「働き方改革」に関する「労務管理」「賃金制度」などのお悩みをお伺いし、課題解決のための改善提案を行います

※雇用調整助成金の活用についてもご相談いただけます。
→ https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/koyou_roudou/koyou/kyufukin/pageL07.html

【開催日】
《2020年》
6月4日、6月18日、7月2日、7月16日、8月6日、8月20日、9月3日、9月17日、10月1日、10月15日、11月5日、11月19日、12月3日、12月17日

《2021年》
1月7日、1月21日、2月4日、2月18日、3月4日、3月18日

※木曜日開催

【時間】
13:30~16:30(相談時間は1~2時間が目安)

【場所】
因島商工会議所 3F会議室

チラシPDF → http://cci.in-no-shima.jp/pdf/2020kobetu01.pdf

因島商工会議所(担当:調査振興課 村上)
〒722-2323尾道市因島土生町1762-38
TEL:(0845)22-2211  FAX:(0845)22-6033

===========================================

3.「持続化給付金」の申請サポート会場の因島会場開設について

 

■「持続化給付金」に関して、ご自身で電子申請を行うことが困難な方のために、因島でもサポート会場が開設されます。

【申請サポート会場のご利用にあたって】
持続化給付金の申請は、本ホームページからの電子申請を基本としておりますが、電子申請の方法がわからない方、できない方に限定して申請サポート会場にて補助員が電子申請の入力サポートを行います。

【因島会場】
場所:因島商工会議所4階ホール(尾道市因島土生町1762-38)
開設日:5/28(木)~

※感染拡大を避けるため、申請サポート会場の利用には事前の「来訪予約」が必要です。

サポート会場一覧表はこちらから
https://www.meti.go.jp/covid-19/pdf/shinsei-support.pdf

持続化給付金の事務局HP
https://www.jizokuka-kyufu.jp/

■申請サポート会場 受付専用ダイヤル(自動ガイダンス)
0120-835-130受付時間:24時間対応 申請番号【3412】因島会場

■申請サポート会場 電話予約窓口(オペレーター対応)
0570-077-866受付時間:平日、土日祝ともに9時~18時

===========================================

4.小規模事業者 持続化補助金

 

 

■商工会議所の管轄地域で事業を営んでいる小規模事業者が対象で、販路開拓や生産性向上などに向けて経営計画を策定し、その計画に沿って取り組む費用の2/3(補助上限額:50万円)を補助する制度です。

 

■上限50万円を補助(補助率最大2/3)
【事業再開枠】は10/10補助

 

■新型コロナ感染症対応【特別枠】も創設
補助上限額『100万円』(補助率最大3/4)

応募締切
clip_image007

 

★お問い合わせ先
日本商工会議所 小規模事業者持続化補助金事務局
〖TEL〗03-6447-2389
〖HP〗https://r1.jizokukahojokin.info/

===========================================

5.マスク等個人防護具開発支援事業補助金の公募【随時受付】

 

■広島県において、県内に事業所を有する「ひろしま医療関連産業研究会」の会員企業が、マスク等個人防護具の製品化・事業化に取り組む場合に、その経費の一部について補助金を交付することによって、広島県におけるマスク等個人防護具の安定的な供給量の確保と医療・健康関連産業の振興を図ることを目的として、補助金の公募が開始されました。

■補助対象事業
マスク等個人防護具等の製品化・事業化のための研究開発などを行う事業活動(通常の生産活動を除きます)
①サージカルマスク ②N95マスク ③ゴーグル(保護メガネ) ④フェイスシールド ⑤防護服 ⑥サージカルガウン⑦アイソレーションガウン ⑧検診用手袋 ⑨サージカル手袋 ⑩手指消毒用アルコール等

■補助率及び補助限度額
(1)補助率    補助対象経費の10/10以内
(2)補助限度額 1事業者当たり300万円
(3)採択件数 10件程度(予算の範囲内)

■公募期間 予算額に達した時点で募集を締め切ります。

■ご相談・支援窓口
(公財)ひろしま産業振興機構ひろしま医工連携推進センター(ひろしま医療関連産業研究会運営事務局)
TEL:082-240-7709 FAX:082-242-8627
詳細 → https://www.pref.hiroshima.lg.jp/soshiki/229/ikoupt62.html

★お問い合わせ・ご提出先
広島県商工労働局 医工連携推進プロジェクト・チーム(担当:岡本)
TEL:082-513-3351 FAX:082-223-2137
mailto:syoikourenpt@pref.hiroshima.lg.jp

===========================================

6.テイクアウト・デリバリー参入促進事業開始のお知らせ

■公益財団法人ひろしま産業振興機構(以下「産振構」という。)は、新型コロナウィルス感染症の感染拡大に伴う県民への活動自粛要請等を踏まえ、売上の減少に苦しむ事業者、とりわけ影響の大きい飲食業・宿泊業が行う「テイクアウト」や「デリバリー」など、新たな取組への新規参入を支援します。

詳しい情報はこちらをご覧ください。
詳細 → https://www.hiwave.or.jp/news/21668/

助成限度額30万円
申請期間 令和2年7月31日(金)まで

★書類提出先及びお問い合わせ先
公益財団法人ひろしま産業振興機構 新型コロナ対策事業推進チーム
〒730-0052 広島市中区千田町3-7-47 広島県情報プラザ内
TEL 082-207-0226(直通)
※書類の受渡しにつきましては、原則、郵送とさせていただきます

===========================================

7.広島県よろず支援拠点(テレワーク導入の考え方と補助金活用)セミナーの案内【開催6/4】

 

■昨今のコロナ対策としてテレワークが国の政策としても推進されていますが、どのように進めれば良いのか、お悩みではないでしょうか?単なるコロナ対策ではなく、アフターコロナも見据えた実効果を出すテレワークの考え方と補助金の活用についてお話します。

■日 時  令和2年6月4日(木)14:00~15:30
■開催方法 ZOOM(予定)※WEBでの参加が難しい方もご連絡ください。
■内 容
・テレワーク導入にあたっての考え方/留意点
・中小企業でのテレワークの進め方
・テレワーク関連補助金の概要と活用方法

講師:広島県よろず支援拠点コーディネーター/人手不足対応アドバイザー
瀬戸 一威(ITコーディネータ/中小企業診断士)

■参加料  無 料

詳細 → https://www.hiwave.or.jp/event/21915/

★お申し込み・お問い合わせ先
(公財)ひろしま産業振興機構 広島県よろず支援拠点
TEL:082-240-7706 FAX:082-249-3232
mailto:h-yorozushien@hiwave.or.jp

===========================================

8.身近な企業&改革のプロから学ぶ!働き方改革実践セミナーの参加者を募集します!(無料:県内10会場)

■これからの時代を乗り切るための経営戦略として注目されている『働き方改革』。

働き方改革関連法も施行された中で,県内で取り組んでいる企業は,既に約6割に達しており近年急増しています。こうした中,県内企業の皆様から,身近な企業が実践している「長時間労働の削減」や,感染症,自然災害をはじめとしたリスク時にも対応できる「柔軟な働き方」などの具体的な取組を知りたいという声を多く頂戴したため,このたび,皆様の声にお応えしたプログラムによる『実践的な勉強会』を県内10か所で開催します。(参加費無料)

プログラムは,明日から実践できる「取組アイデア」を獲得できる場となるよう,専門家による解説や身近な企業の取組発表など,事例を交えながら実践的な『働き方改革』を分かりやすくお伝えできるよう工夫しております。

是非,最寄りの会場の開催回にご参加いただき,貴社の取組にお役立てください。

申込フォーム → https://h-seminar.com/

詳細 → https://www.pref.hiroshima.lg.jp/uploaded/attachment/388719.pdf

★お問い合わせ先(本勉強会に関する県委託先)
広島県 働き方改革実践セミナー事務局 (株式会社ニューズアンドコミュニケーションズ)
電話:070-5672-7895 (受付時間:平日10:00~17:00)

===========================================

9.在宅勤務等にも役立つICTツール活用支援セミナー開催及び導入までのフォロー)の案内【6/23開催~6/18〆】

■従業員等の感染リスクを低減しながら、事業を継続していくため、Web会議などのICTツールを利用して,在宅勤務等に役立てたいとお考えの中小企業等の皆様を対象に、ICTツール活用セミナー(導入までのフォロー付き)を開催します。

■対 象  県内に本社を有している中小企業等
■日 時 【第2回】令和2年6月23日(火)14:00~16:00
■実施方法 Web会議システム「Zoom」を利用して実施します。
※利用できる環境への誘導は、簡単な資料を基に行いますので,初めての方でもご心配は要りません。
■準備物
・パソコンまたはスマートフォン(WebカメラとWebマイクが利用できるもの)
・インターネットにつながる環境
■主催者  広島県商工労働局 働き方改革推進・働く女性応援課 働き方改革推進グループ
■申込方法 開催日の3日前(第2回は6月18日(木))までに、ホームページの申し込みフォームからお申込みください。

※お申し込み後、しばらく待っても自動返信が届かない場合は、お手数ですがその旨をメールでご連絡ください。

申込フォーム → https://www.itc-hiroshima.net/telework/app-form/

詳細 → https://www.pref.hiroshima.lg.jp/site/hint/ict-seminar.html

★お問い合わせ先
委託事業者:NPO法人ITコーディネータ広島
TEL:070-4482-3387 mailto:telework@itc-hiroshima.net

===========================================

10.新型コロナウイルス感染症対応マニュアル策定支援【〆切~6/30】

■広島県では、県内事業者を対象に,新型コロナウイルス感染症に特化した、すぐに使える『新型コロナウイルス感染症対応マニュアル』の策定を推進し、感染の予防・防止、事業継続力の向上を支援します。
■内 容  次の内容に関する具体的な対応・行動手順を含めた、今すぐ使える、『新型コロナウイルス感染症対応マニュアル』の策定を支援します。(マニュアルの内容)予防対策,感染症対策,事業継続・復旧対策
■策定方法
・専門コンサルティング(委託先)による、Web会議システムや電話を用いた非対面方式による策定に係る助言等
・お申込み時に、Web会議システムの利用の可否等を申し出ていただきます。
・各社1回完結(2時間程度)
・『対応マニュアル』のひな型を提供し、事業の内容や組織体制に合わせて、各社でカスタマイズして策定・活用
■申込み・参加資格
・県内に事業所を有する事業者
・本事業を受講するには、別途、実施を予定する『令和2年度広島県BCP(事業継続計画)策定支援事業(緊急時レジリエンス環境整備事業)』に参加していただく必要があります。↓
https://www.pref.hiroshima.lg.jp/soshiki/70/bcp.html

■申込期間  令和2年6月30日(火)
■その他
・参加費無料
・本事業の参加事業者は、専門コンサルティングによる,新型コロナウイルス感染症対応相談窓口をご利用いただけます。

申込フォーム → http://www.minerva-veritas.co.jp/hiroshima/covid19.html

詳細 → https://www.pref.hiroshima.lg.jp/soshiki/70/covid19bcp.html

★お申し込み先
ミネルヴァベリタス(株)(感染症担当/松井,川村,大久保)
TEL:06-4706-3355 FAX:06-4706-3356
mailto:bcphiroshima@minerva-veritas.co.jp

============================================

11.初夏の訪れ因島の除虫菊 いま満開咲き誇る

■因島を代表する花・除虫菊が満開を迎えている。馬神除虫菊畑(重井町2000㎡)▽白滝保勝会畑(重井マリーナ前200㎡)▽除虫菊咲かそう会(大浜町白滝フラワーライン中程休憩所300㎡)▽重井康和会畑(フラワーセンター内と外600㎡)の4ヶ所を巡りながら写真撮影を楽しむ人の姿が見られる。

11日から再開した因島フラワーセンターでは、因島除虫菊の里連絡協議会が「除虫菊の昔と今」の写真を展示している。

【出展】「せとうちタイムズ(WEB)」5/16記事

===========================================

12.因島ライオンズクラブ 除菌・抗菌剤寄贈

■尾道因島ライオンズクラブ(村上明裕会長)は15日因島地区内の教育施設に、10リットル入りの除菌・抗菌液を寄贈した。

寄贈先は、因島南小・因北・重井・因島南中・因北・重井・因島南認定こども園因島北認定こども園・田熊幼保連携型認定こども園・西浦保育所の10ヶ所。

分散登校を準備している学校現場では、「欲しかったもの。ありがたいです。天然素材なのでアレルギー性の子どもも安心して使用してもらえる」と語っていた。

今回寄贈した除菌・抗菌液は、「プリフル」というホタテの貝殻を焼成して作られるカルシウムを主原料としたもの。飲食店、病院、介護施設などで広く使われているという。

【出展】「せとうちタイムズ(WEB)」5/16記事

============================================

◆因島商工会議所及び関連会議等スケジュール◆
6/4(木) 働き方改革個別相談会
6/4(木) 正副会頭会議
6/4(木) 常議員会
6/9(火) 広島県商工会議所連合会総会
6/10(水) 学校運営協議会
6/18(木) 働き方改革個別相談会
6/19(金) 小規模事業研究会
6/26(金) 議員総会

============================================

因島テイクアウトグルメ第2弾!!&キャンペーン実施中!!

因島でテイクアウトやデリバリーに対応した店舗をまとめた
『因島テイクアウトグルメ』のチラシ第2弾ができました!(5月29日新聞折込)

お家で地元の飲食店さんのおいしいグルメをぜひ楽しんでください♪

今回は、「因島ふるさと商品券」3,000円分が当たる『テイクアウト応援キャンペーン』を実施します!
チラシ掲載店でテイクアウトを利用して、ぜひご参加ください!!

0525テイクアウトグルメ2-1

  テイクアウト応援キャンペーン応募要項 
【応募条件】
・5月29日新聞折込のチラシに掲載されている33店舗でテイクアウトを利用された方。
・テイクアウト利用時に、レシートや領収書(日付、金額、店名がわかるものに限る)を受け取り、合計金額が3,000円以上で1口ご応募できます。(複数店舗混合可能)

【レシート有効期間】
2020年5月29日(金)~2020年6月30日(火)

【応募締切】
2020年7月5日(日)

【賞品内容】
抽選で「因島ふるさと商品券」3,000円分を50名様

【応募方法】
下記の①②③のいずれかでご応募ください。

①因島商工会議所公式LINEアカウント内(登録は下記QRコードまたはアドレスからどうぞ)のメニューからレシート画像を送信

②メールにて画像を添付し必要事項(住所・氏名・電話番号)を記載して送信
【oubo.incci@gmail.com】

③レシートを因島商工会議所に持参して応募

※レシートは正面から写し、日付、金額、店名がはっきりわかるように撮影してください。
※同じレシートによる複数回の応募、レシートの不正など、キャンペーン運営上、平等性を欠くような妨害/不正行為と当所が判断した場合、事前予告なくご応募を無効とさせていただく場合がございます。
※本キャンペーンはレシート有効期間内(2020年5月29日~2020年6月30日)に発行されたレシートのみ有効となります。
※必要事項の記入に不備がある場合やレシートの内容が不鮮明な場合のご応募は抽選・当選の対象外となる場合がございます。

※お一人様何口でもご応募いただけますが、当選はお一人様1回に限らせていただきます。
※本キャンペーンに関して、事務局からご連絡をさせていただく場合がございます。

【当選発表】
ご応募いただいた方の中から厳正な抽選の上、当選者を決定いたします。

当選された方には2020年7月中旬頃、①で応募の方は因島商工会議所LINE公式アカウント、②で応募の方はメール、③で応募の方はお電話よりご連絡させていただきます。
その際、①で応募の方は因島商工会議所LINE公式アカウントをブロックまたは削除されておりますとご連絡ができなくなりますので、ご注意ください。

※当選通知は再送できません。ご了承ください。
※当選通知を削除されてしまった場合はご当選の権利を無効とさせていただく場合がございます。
※当選通知までにご自身のLINEアカウントを削除されますとご当選の権利は無効となります。

 

因島の飲食店さんでテイクアウトグルメをご注文されたときは、ぜひお店の名前と一緒ににハッシュタグ「#因島テイクアウト」をつけてSNSに投稿ください!!

みなさんの「おいしい」をたくさん繋げて、飲食店さんを地域全体で応援しませんか?

因島テイクアウトグルメ』はこちらから
http://map.in-no-shima.jp/gourmet/article/1525/
#因島テイクアウト

0525テイクアウトグルメ2表

0525テイクアウトグルメ2裏

令和2年度 厚生労働省第二次補正予算案の概要について

〔令和2年度 厚生労働省第二次補正予算案の概要について〕

◇雇用調整助成金の抜本的拡充【7,717億円】
雇用調整助成金の日額上限を8,330円から15,000円に特例的に引き上げ、緊急対応期間を9月まで延長

◇新型コロナウイルス感染症対応休業支援金(仮称)の創設【5,442億円】
休業期間中の賃金の支払いを受けることができなかった中小企業の労働者に対し、当該労働者の申請により、支援金を支給他

※詳細は、以下のリンクよりご確認ください。
https://www.mhlw.go.jp/…/yos…/yosan/20hosei/dl/20hosei02.pdf

令和2年度第2次補正予算案(経済産業省関連)の概要について

〔令和2年度第2次補正予算案(経済産業省関連)の概要について〕

5月27日に閣議決定されました「令和2年度第2次補正予算案」が公表されました。

政府は、新型コロナウイルスの感染拡大に対応する今年度の第2次補正予算案を27日、閣議決定しました。店舗の賃料の支援や企業の財務基盤の強化策などを盛り込み、一般会計の追加の歳出は総額31兆9114億円と、補正予算としては過去最大の規模です。売上が大幅減収のテナントに最大600万円を支給する「家賃支援給付金」が創設され2兆242億円が計上されました。

◇令和2年度第2次補正予算案の事業概要
https://www.meti.go.jp/…/yosa…/hosei/pdf/hosei2_yosan_pr.pdf

※詳細は、以下のリンクよりご確認ください。
https://www.meti.go.jp/…/yos…/yosan_fy2020/hosei/hosei2.html